何かに取り組もうとしたとき、「うまくいく」「うまくいかない」のどちらかにすぐ決めつける人がいます。

 それではうまくいきませんし、「うまくいく/うまくいかない」だけで判断しようとするとかえって疲れるものです。

 「うまくいく/うまくいかない」以外の判断軸を持たないと物事はうまくいきません。次の会話文をお読みください。

●子犬課長:「社長、A社の本部長が飲み会の席で紹介されていた本、週末に買って読んでみたのですが、まったく参考になりませんでした」

○鷲沢社長:「そうか。私はまだ読んでいないが」

●子犬課長:「読まないほうがいいですよ。読むだけムダです。最近はいいビジネス書がないですね。昔はもっとあったと思いますが」

○鷲沢社長:「ビジネス書なら月に5冊ほど読んでいるが、参考になる本との出合いは結構あるぞ」

●子犬課長:「そうですか。私の本の選び方に問題があるのかもしれません」

○鷲沢社長:「ところで1月末のイベントに参加したお客様へのフォロー電話はどうなっている」

●子犬課長:「まだ4、5人に電話した程度です。反応はよくないですね。すぐ仕事になりそうなお客様はゼロと言っていいでしょう」

○鷲沢社長:「すぐ仕事になりそうなお客様なんて、そうそうないぞ」

●子犬課長:「だったらイベントをする意味がないのでは。イベント費用をドブに捨てるようなものです。そもそも年始のイベントに来るお客様なんて暇人でしょう。フォローするだけムダです。そうだ、ムダで思い出したのですが、週末の研修を受けないといけませんか」

○鷲沢社長:「当然だ。君には部下が4人いる。部下育成とは何か、しっかり勉強してこい」

●子犬課長:「同じことを2回も3回も言わないと理解できない部下ばかりですからね。苦労します」

○鷲沢社長:「口が悪いな、君は」

●子犬課長:「私は結構吼えますよ。社長の前では気をつけますが。この研修、何回やるのですか?」

○鷲沢社長:「年に4回はやる」

●子犬課長:「4回もですか。やってもムダですよ。1回でなんとかなる研修はないのですか」

○鷲沢社長:「あのさ、そういう発想で物事を考えていると疲れないか」

●子犬課長:「え」