やるべきことを先送りする人がいます。1つ2つではなく、いくつもいくつも先送りしてしまう。こうなると色々なことを前に進められず、しかも案件が複雑に絡み合い、いったいどこに問題があって、期待通りの結果を手に入れられないのか、まるで見当もつかなくなってしまいます。

 そうした1人である熊岡課長と鷲沢社長の会話をお読みください。

●熊岡課長:「社長、ちょっといいですか。私なりに考えたプランを聞いてください」

○鷲沢社長:「なんだ」

●熊岡課長:「最近ずっと考えていることなんですが、お客様に直接販売するルートをつくってはどうでしょう。みんなは代理店を飛び越すことに躊躇しているようですが、今の時代、代理店にばかり頼っていてもなかなか先に進まないので」

○鷲沢社長:「もちろん、直販という選択肢もある」

●熊岡課長:「それじゃあ、積極的に直販を仕掛けていっていい、と社長も考えているのですね」

○鷲沢社長:「そうだ」

●熊岡課長:「わかりました! すっきりしました。それではまた」

○鷲沢社長:「おいおい」

●熊岡課長:「はい?」

○鷲沢社長:「君は名前に熊が入っているし、声も野太いし、返事も姿勢もすごくいい。とても頼りがいがありそうだが……」

●熊岡課長:「はい、ありがとうございます」

○鷲沢社長:「まったく頼りにならない」

●熊岡課長:「えええ!」

○鷲沢社長:「言いたくないが、本当に頼りにならない。言いたくないが、まったく期待できない」

●熊岡課長:「社長、いくらなんでもそれは言い過ぎでしょう。もう少し部下を認めてくれてもいいじゃないですか」