ピン!とこない人がいます。上司が部下に一所懸命、話をしています。ところが、部下は上の空、ピン!ときてないのは一目瞭然です。

 どんなに力説しても、こちらの考えをまるで理解されないことがあります。なぜそうなってしまうのでしょう。

 亡くなった先代社長の息子である犬神専務と、大リーグでスカウトと選手育成の仕事をしていた球田コンサルタントとの会話を読んでみてください。

●球田コンサルタント:「犬神専務、初めてお会いします。よろしくお願いします」

○犬神専務:「こちらこそ。もっと早くお会いしたかったのですが、会社を留守にすることが多いもので」

●球田コンサルタント:「御社を承継されるために色々勉強をされているとか」

○犬神専務:「ええ。父の後を引き継いでくださっている鷲沢社長は銀行出身で、事業会社の経営経験もお持ちです。それに比べ、私は長く留学をしていましたので経営を知りません。そもそも世間のことさえ、よくわかっていないので日々勉強です」

●球田コンサルタント:「どんな勉強をしているのですか」

○犬神専務:「後継者になるための講座が沢山あるのです。そういう講座を色々受けています。財務が中心ですが、法律やマーケティング、物流、ITなど多岐にわたります」

●球田コンサルタント:「なるほど。勉強もいいですが、もう少し現場に顔を出してはどうですか。頭でっかちに経営はできない。現地、現実、現場が大事。そういうことは講座で習いませんか」

○犬神専務:「私が担当していた新規事業を止めた後、鷲沢社長に言われてお客様まわりをしました」

●球田コンサルタント:「それは結構。ただし続けないと。野球で強くなるにはトレーニングとその継続です。野球理論の勉強だけではダメです」

○犬神専務:「なるほど。スポーツで思い出しましたが、私が受講している講座にラグビーの監督をしていた方がチームビルディングの講師で来ています。野球もチームビルディングは大事でしょうね」

●球田コンサルタント:「その通りです」

○犬神専務:「当社でもチームビルディングの指導をしてくださるのですか」

●球田コンサルタント:「いえ、チームビルディングは教えるものじゃありません」

○犬神専務:「どういうことですか」

●球田コンサルタント:「高い目標を設定する。目標を絶対達成しようと努める。その結果、チームがまとまる。これがプロのチームビルディングです」

○犬神専務:「へえ」

●球田コンサルタント:「わかっていますか」

○犬神専務:「ええ、わかっているつもりですが」

●球田コンサルタント:「ピン! ときてないのでは」

○犬神専務:「そうでしょうか。自分なりに理解しているつもりです」

●球田コンサルタント:「自分なりに、ですか」