「ふざけるな! 自分がどう答えたか、忘れたのか」

●豪傑寺部長:「しゃ、社長は中期経営計画を作ったとき、その場にいなかったわけですから」

○鷲沢社長:「ふざけるな! 私が社長になったとき、社員一人ひとりと面談して確認した。先代の社長が遺した経営計画を絶対達成する気があるかどうかと。君は自分がどう答えたか、忘れたのか」

●豪傑寺部長:「う、ぐ……。それは」

○鷲沢社長:「うちの営業部は人によって差がありすぎる。達成できる奴はいつも達成するが、そうでない奴はいつまで経っても達成しない」

●豪傑寺部長:「それは仕方がないところもあります。現場では色々と事情があるのですから……」

○鷲沢社長:「たわけ!」

●豪傑寺部長:「た、たわけ?」

○鷲沢社長:「たわけだ、お前は。部長としてどうかしとるぞ」

●豪傑寺部長:「う……」

○鷲沢社長:「先日、営業部の飲み会に顔を出した。中期経営計画の話を持ち出してみると、達成できると思っている奴はほとんどいなかった。自分の目標をきちんと達成している奴でさえ、『うーん。どうですかね』などと言いおった。目標未達成はあってはならないことだ、という気概がない。君と部員が甘えの共犯関係にあるからだ」

●豪傑寺部長:「甘えの共犯……べ、別に甘えているわけでは」

○鷲沢社長:「現場には色々と事情があるとか抜かしたじゃないか。事情があるのは当たり前で、だからといって目標を調整するという話にはならん」

●豪傑寺部長:「目標を見直し、なんとか達成してもらい、部下に自信をつけさせようと思っていたのですが……」

○鷲沢社長:「逆だ。自信をつけさせるのは結構だが、いきなり目標を見直すというのはおかしいぞ。部下の甘えをボスのお前が許してしまうことになりかねん。それでは共犯だ。中期経営計画の目標が高いことは百も承知だ。だからといって、道半ばの今から諦めてしまう姿勢では駄目だ」

●豪傑寺部長:「……確かに最初から無理と言ってしまうのはまずいですね」

○鷲沢社長:「名前のとおり、もっと豪傑になって部下と話したまえ。ポテンシャルのある部下を成長させる。それが本当の優しさだ」