「そもそも作ったときから、達成できるような数字ではなくて……」

●豪傑寺部長:「わかりました。『それでそれで分析』ですね。そ、それで、社長として当社を変えようとされています」(参照記事:できない部下には「それでそれで分析」

○鷲沢社長:「それで?」

●豪傑寺部長:「そ、それで……。当社を変えて、組織に変革をもたらそうと。銀行マンとして多くの会社の業績改善を成し遂げてきた手腕を当社にも、ということだと思います」

○鷲沢社長:「それで?」

●豪傑寺部長:「それで、その……」

○鷲沢社長:「大事なことは何だ」

●豪傑寺部長:「組織改革を成し遂げ、先代の社長が遺した中期経営計画を絶対達成することです」

○鷲沢社長:「その通りだ。分かっているじゃないか。中期経営計画を達成させ、先代の息子さんにバトンタッチする。それが私の役割だ」

●豪傑寺部長:「はい」

○鷲沢社長:「中期経営計画を達成するために、営業部長である君は極めて重要な役割を担っている。営業目標を達成できないと、設備投資や人の採用を計画通りに進められなくなる」

●豪傑寺部長:「わかっております」

○鷲沢社長:「だから来期の予算編成は不要だ。中期経営計画に書いてある」

●豪傑寺部長:「いやっ、ちょっ、ちょっと待ってください」

○鷲沢社長:「なんだ」

●豪傑寺部長:「申し訳ないですが今期の目標を達成できない部署があります。計画とのずれがすでに出てきているわけです。そうなりますと、2年近く前に策定された計画をそのまま来期の予算にするのはいかがなものかと」

○鷲沢社長:「何だって」

●豪傑寺部長:「それに中期経営計画ですが、そもそも作ったときから、達成できるような数字ではなくて……」

○鷲沢社長:「おいおいおい! できたときから達成できないと思っていた、そう言ったな」