「ドラッカーの言葉が気に入らない」

●明石専務:「え?」

○鷲沢社長:「私が気に入らないドラッカーの言葉はまさにその『マーケティングの理想は販売を不要にすること』だ」

●明石専務:「ええっ!」

○鷲沢社長:「私が銀行にいたとき頭でっかちの同僚がいてな。『マーケティングさえしっかりしていれば、こんな“どぶ板営業”をする必要なんてない』とか、言っていた」

●明石専務:「……そ、そうではないのですか」

○鷲沢社長:「君は営業を知らんな。営業無しで当社が取り扱っている樹脂プレートをどうやって売るつもりだ」

●明石専務:「ですからお客様のニーズをしっかりつかんで仕入れれば……」

○鷲沢社長:「ニーズを聞いて、こういう製品を作ってほしいとメーカーに開発してもらうのか。仮にニーズに合った製品が出来上がったとして、どうやってお客に知らせるのかね」

●明石専務:「そ、それは、やはり……今の時代ですからインターネットだと思います。Webを有効活用すれば、その……」

○鷲沢社長:「具体的に言いたまえ。営業や販売活動を不要にして本当に売れるのか。お客様はどこにいる。そのお客様はいつもパソコンの前に座ってインターネットを閲覧してくれるのか」

●明石専務:「いや、そうではありませんが。そうだ、展示会を開きます」

○鷲沢社長:「展示会にどうやってお客様を連れてくるつもりだ」

●明石専務:「それは……。ダイレクトメールとか……」

○鷲沢社長:「沢山送られているぞ。開いてもらえるのか」

●明石専務:「電話をかければいいんじゃないでしょうか」

○鷲沢社長:「誰がかけるんだ」

●明石専務:「営業でしょう」

○鷲沢社長:「アホか。営業が電話をかけて展示会に誘うくらいだったら、実際に会いに行って営業したほうが早いわっ! まだるっこい」

●明石専務:「しかし、昔の銀行員がやるような“どぶ板営業”もまだるっこいのではありませんか、今の時代に。やっぱりマーケティングですよ。ドラッカーの言う通りです」

○鷲沢社長:「ちっとも言う通りじゃないぞ。マーケティングとやらを導入することで自動的に売れていくのか。ありえない」

●明石専務:「いくら社長でもドラッカーへの悪口はいただけません」

○鷲沢社長:「ドラッカーのその言葉について意見を述べているだけだ。彼の功績を軽んじているわけじゃない」

●明石専務:「軽んじているようなものです。ドラッカーの本を一冊も読んだことがないのに、よくそんなことが言えますね」