後悔しないために今日一日を全力で生きるべき。これに近い発言をする著名人が複数います。しかし、「営業日報は不要」と著書に書いている通り、私は「今日一日」という単位で物事を考えません。

 一日一日、やみくもに頑張るだけで目標を達成できるわけではありません。次の会話文をお読みください。

●子犬課長:「社長、昨年から課長になった子犬と申します。苗字とは違い、成犬のシェパードのように勇猛に営業しています」

○鷲沢社長:「今年もよろしく頼む。調子はどうかね」

●子犬課長:「先日はA社の案件をとろうと、先方の部長に噛みついてやりました。噛みついて離さないでいたら仕事をもらえました」

○鷲沢社長:「聞いたよ。本当にシェパードみたいだな」

●子犬課長:「今日はお客様を5件まわり、5件ともクロージングしにいきました」

○鷲沢社長:「5件とも? 大詰めの案件が5件も重なったのか」

●子犬課長:「訪問した以上、噛み付いてでも勝負に出ます。『人生とは今日一日一日のことである』という名言の通りです」

○鷲沢社長:「デール・カーネギーか。どういう風に君は解釈しているのかね」

●子犬課長:「今日一日を全力で生きよ、ということです。私の信条です」

○鷲沢社長:「今日一日を全力で生きるシェパードか……。5件のクロージングはどうなった」

●子犬課長:「今日は1件も受注できませんでした。悔いはありません。今日やるだけのことをやったからです」

○鷲沢社長:「うーん……5件全部、勝負に出ることはなかったのでは」

●子犬課長:「いえ、『今日という日は、残りの人生の最初の一日』とも言いますから」

○鷲沢社長:「映画『アメリカン・ビューティー』の名セリフだな。しかし……」

●子犬課長:「今日できることは今日すべてやる。明日できることでも今日やる。私はそれぐらいの気持ちで仕事をしています」