「敵を打ち負かすには自分を鍛えるしかない」

●球田コンサルタント:「野球のトレーニングと同じでしょう。体を苛める、という言い方があります。プロでも鍛える間は辛いものですが、鍛えておけば後が楽になります。敵を打ち負かすには自分を鍛えるしかありません」

○獅子山課長:「敵……ですか。話を戻します。営業活動をしっかりやりたいと仰った。球田さんには予材があまりないということですか」

●球田コンサルタント:「その通り、予材は2倍どころか、ほとんどありません。営業をしていないからです」

○獅子山課長:「それでは仕事をどうやって見つけるのですか」

●球田コンサルタント:「仕事の大半は紹介でもらっているのです。ありがたいことに、色々な方が紹介してくださる。だから営業をしなくてもいいのですが……」

○獅子山課長:「なんだか残念そうですね」

●球田コンサルタント:「営業せずに仕事をいただくのは気持ちが悪いので」

○獅子山課長:「どういう意味ですか」

●球田コンサルタント:「ヒットを打たなくても点が入ってくるようなものです。相手チームがエラーで失点していくパターンと同じです」

「仕事は攻めて攻めて攻めまくってとるもの」

○獅子山課長:「野球と営業はかなり違う気がします。実は私も最近、紹介でとる仕事が増えています」

●球田コンサルタント:「ほう」

○獅子山課長:「気持ち悪いどころか、紹介で仕事が増えるのは理想的だと思っています。営業の勲章だな、と」

●球田コンサルタント:「はっはっは! ジョークは止めてください。待ちの紹介営業なんて相手の失策を待つやり方に過ぎない」

○獅子山課長:「な、なんですって!」

●球田コンサルタント:「仕事は攻めて攻めて攻めまくってとるものです。狙った敵をつかまえ、打ち負かす。これこそ本当の営業です。紹介された仕事がとれたからといっても、たまたまかもしれません」

○獅子山課長:「さっきからお客様を敵と言ったり、打ち負かすと言ったり、ちょっとおかしくないですか」

●球田コンサルタント:「大リーグ時代からの口癖なので。申し上げたいのは攻める姿勢が不可欠ということです。受け身で仕事をしていると物事への感覚が鈍ってきます。だから私は反省しているわけです」

○獅子山課長:「受け身といっても紹介された後、あれこれ提案したり、交渉したりするわけですし」