長時間残業の元凶を見つけて取り除く

 月間60時間を超えて残業していると処罰の対象となる時代が来るかどうかはともかく、長時間労働をなんとかしないと企業は生き残っていけないでしょう。若くて優秀な人が入社したいと思わなくなるからです。

 もちろん、これ以上の業務効率化は簡単ではありません。私は企業の現場に入り込んで目標を絶対達成させるコンサルタントです。業務を細分化し、各業務の作業時間をどう短縮するか、これまであらゆることをやってきました。

 その経験から言いますと、複雑な解決策は組織に定着しません。対策はまず一つに絞ること。長時間残業の元凶を見つけ、取り除く。その対策を徹底して浸透させることから始めましょう。メール時間を管理対象にする、これは多くの企業で効き目があると私はにらんでいます。