企業にとって採用は重要事の一つです。それなりのお金と時間、そして労力をかけて採用活動をすべきです。

 なかなか採用できないからといって、採用基準を曖昧にしてはなりません。

 鳥山人事課長と球田コンサルタントの会話を読んでみてください。

○鳥山人事課長:「お呼びですか」

●球田コンサルタント:「あなたが人事課長の鳥山さんですね」

○鳥山人事課長:「営業のコンサルタントが私に何の用ですか」

●球田コンサルタント:「新入社員の選考中と聞きました」

○鳥山人事課長:「ええ」

●球田コンサルタント:「社長から営業の選考にも関わってほしいと言われています」

○鳥山人事課長:「は?」

●球田コンサルタント:「ということで営業の採用方針を私と一緒に決めましょう」

○鳥山人事課長:「な、何を言っているのですか」

●球田コンサルタント:「はっきり申し上げれば、私が考える営業の採用方針に従ってもらいたいのです」

○鳥山人事課長:「私の方針に従え? 初対面なのによくそんなことを言えますね」