ブラック企業とゾンビ企業という言葉があります。どちらもはっきりした定義があるわけではないと思いますが、過重労働によって従業員を使い倒し、使い物にならなければ離職に追い込むのがブラック企業、再建の見込みがないのに政府や銀行の支援を受けて生き残っているのがゾンビ企業でしょうか。

 ブラック企業とゾンビ企業のどちらが怖いのか。それが今回のテーマです。鷲沢社長と対峙するのは明石専務です。2人のバトルをお読みください。

●明石専務:「社長、営業第1課の労働時間がかなり長くなっています」

○鷲沢社長:「そんなことはわかっている」

●明石専務:「放置しておいていいのでしょうか」

○鷲沢社長:「いいわけではないが今は仕方がない」

●明石専務:「人事部から強い口調で言われました。これ以上の時間外労働は認められないと」

○鷲沢社長:「またか。この間、話したばかりなのに」

●明石専務:「もう一点、社員満足度調査で営業部のスコアがかなり悪いのです。それを人事部は気にしています」

○鷲沢社長:「そんなに気になるなら社員満足度調査なんて止めてしまえばいい」

●明石専務:「な、なんてことを言うんですか! まるでブラック企業の社長の言い分ですよ」

○鷲沢社長:「ブラック? 今は『戦時』か『平時』か、どっちだ」

●明石専務:「え、いや……」

○鷲沢社長:「どっちかと聞いている」