(写真:ロイター/アフロ)

 トランプ次期大統領が勝利したのは、行き過ぎたPCのせいだという。PCとはポリティカル・コレクトネスの略で、政治的に正しいことを指す。米国には、非本音主義ともいうべき、建前論が横行している。全員が平等だ。弱者を救え。つねに言葉を選べ……。そのようなPCに実はウンザリしていたのが米国民そのものだった。

 だから、トランプ氏のような本音をぶちまける候補者に人気が集まったのだ、と。だからこそ、隠れトランプ支持者を含めて支持が拡大し、それはまさかの泡沫候補を米国次期大統領に引き上げるにいたった。

 私は米国で仕事をしたことがあるものの、まだ米国民の心情を理解しているとまではいえない。だから、本当に行き過ぎたPCへの反動が世の中を覆っていたのか。断言は避けたいと思う。

 しかし、個人的にいうのであれば、米国の知人から「クリスマスセールとはいわなくなったんだよ」と聞かされて衝撃を受けたことがある。「クリスマスの時期って、全員が楽しむだろう。つまり特別な時期だ。他の時期とは違う。そのときに、『クリスマス』っていってしまうと、特定の宗教者しか楽しめなくなる。だから、ブラックフライデーか、もしくはホリデーセールというほうが今風かな」と。

米国のブラックフライデーは好調に推移

 2016年もブラックフライデーがはじまった。これは主に米国で最大の小売セールを指す。11月の第4木曜日が終わってから、年末にかけて、商業施設がもっとも盛り上がる時期でもある。日本では年末セール、クリスマスセールといわれているが、米国ではかなり長めに設定されている。

 トランプ氏が次期大統領候補に選ばれた懸念もあった。しかし、ふたを開けてみると、かなり好調のようだ。米アドビシステムズはデジタルマーケティングのレポートを公開している。それによると、今年はブラックフライデー1日で、オンライン業者だけで30億ドルもの売り上げを記録したようだ。

 これらのオンラインサイトでは、ご丁寧に品切れする可能性のある商品も羅列してくれており、「妖怪ウォッチ」「ニンテンドー2DS」などが挙げられている。どの時代にも、子ども向けのおもちゃはクリスマス商戦の主役ということだろう。

 そして現在のヒットといえば、Hatchimalsだ。知らないお父さんにはリンク先を見てほしいとしかいいようがない。たまごっちの巨大版というか、ぬいぐるみというか。少女たちに大人気のアイテムだ。売り切れ店が続出し購入が困難になっている。

ネット販売の勝利

 ところで私は、買いに行った当日にお目当てのおもちゃを購入できなかった経験が何度もある。計画不足といわれたらその通りだ。しかし、当日までなかなか気が回らない。そこで、やはり便利なのがネットだ。

 米国では当日配送のできない地域が多い。ただ、数日前に注文すれば、おもちゃ屋で在庫不足を嘆くことなく、自宅まで運んでくれる。