(写真:ロイター/アフロ)

 企業の調達担当者の苦しみは、製品の納期調整にある。毎朝、机に向かうと、その日の納期調整リストとにらめっこをする。そして上から順にメールを送付していく。あまりに単純な文章で、自動化したほうがいいほどだ。「注文番号○○○○○○の製品○○○○について」納期確認を行う。

 サプライヤーの納期遵守度を確認する、という作業がある。これは、1年間で100の注文を行い、そのうち80が納期通りに納品してくれ、残り20が納期遅延とすると、80%が納期遵守率というわけだ。しかし、実際にやってみると、納期遵守率は、20%とか30%とかになる場合がある。

 しかし、もちろんその多くは、サプライヤーの責任というよりも、発注側の注文が遅れたことにある。部材の標準リードタイムが100日だったとしても、注文してから納品までの期日が30日以内と定めて注文しているのだ。

 ただ、発注側も発注側で言い分がある。生産システムが自動化されようが、部材の標準リードタイムを守った注文などできるはずはない。市場の需要が移り変わっていくなかで、何カ月も前から生産個数を決めようもない。

 メールに返事が来ないとわかると、次は電話だ。「あれどうなりました」「工場には確認しているんですが」といった、「出前まだですか」「もう出ました」といったもはや茶番ともいうべき光景がいまだに日本中で繰り広げられている。

 それで多くの調達・購買担当者は、サプライヤーの工場に出向く。「生産完了までここにいます」というと、「それならもっと早く注文してくださいよ」と愚痴をいわれる。サプライヤー営業側にとっても、サプライヤー工場側から短納期受注についてグジグジと苦情をいわれながら業務している。

 それでも頑張るのはエンドユーザーのため。少なくとも関係者はそう思わないとやっていられない。

ナイキの生産スピードの向上

 米QUARTZによると、米ナイキは製造計画から完成までのリードタイムを現在の60日から、実に六分の一にあたる10日に縮めると発表した。サプライヤーとの戦略を見直し、あるいは一部の委託をオフショアリングからニアショアリング(遠い国から近い国)へ変更する。そして設備投資を積極的に行う。

 現在、スポーツウエア関連では熾烈な争いが起きている。そのなかでナイキは、上記の施策を矢継ぎ早に打ち出すことで市場からの信頼を得たい。スポーツウエアは北米が最大市場だ。ここへの商品投入が遅れれば、それは致命傷となる。ナイキは労働コストが安いためにアジアでの生産を行っていたが、一部のものは自動化設備の促進により米国あるいは米国近くに戻す。スピーディーな商品供給を狙う。