私はビジネス書を30冊ほど上梓している。ビジネス書の書き方ではなく、たまにビジネス書の読み方、といったインタビューを受ける。「仕事が速くなるための10冊」とか「人を魅了する話し方が身につく10冊」とか、そういうたぐいのやつだ。

 私はいまも昔も専門書の書き手で、一般ビジネス書はほとんど書いていない。ただ、読書は多くするので「薦めてくれ」、というわけだ。聞き手はライターで、私よりもずっと一般ビジネス書を読んでいる。

 しかし取材を受ける側になってわかったのは、ちょっと疑ってしまうレベルのひともたまにいることだ。たとえば私の本を読んでこないのはいいとして、どんなことをやっているのかも調べていない。編集部が私を指定したので、自分は詳しくない、という。さらにメールの書き方や、取材での基礎知識など「??」と思う機会が多々ある。ビジネス書の読書数と、仕事がデキる、とは無関係ではないかと思うほどだ。

 この前、働き方改革とか、時短とかの話題のとき、対応してくれたライターは、いつも深夜にメールを送ってきた。やはり、知識があっても改善はできない、ということか。別の機会に複数人で打ち合わせをしていて「年収1000万円の仕事術」的な話題になったので、「では、ここに年収1000万円のひとは何人いますか」と聞いたことがある。誰も手を挙げなかった。編集部は、その特集に熟知していると思うものの、面白い結果だった。

 話をちょっと変える。

 私は定期的に大阪の某A社と仕事をしている。私はよくその企業が入居するビルに行く。その上階には、有名なソフト開発企業B社が入っている。すると、そのB社の社員が、頻繁にA社のフロアのところに階段で降りてくる(もちろん部外者の侵入は禁止)。そこで、社員同士がおしゃべりをしたり、あるいは携帯電話で誰かと話したりしている。なんでも、同じフロアにいる社員に聞かれたくない話のようだ。私など、そのB社の社員が電話で恋人と別れ話をしているのを“目撃”したこともある。

 効率とスピード、そしてセキュリティを売りにしているあの企業がこれ? と卒倒しそうになった。この企業はメディアで好意的に取り上げられていた。

 もちろんメディアでは、誇張ではないものの、やや強めに書かなければ伝わらない。話題にもならない。だから、そこらへんは差し引いて読む必要があるだろう。

 例えば、テクノロジーも同じかもしれない。毎年、多くの雑誌では、未来予想を特集する。読んでいると、毎年、世界は激変しているように感じる。ただ、実際、一部の人は敏感に変化を捉えるとはいえ、世の中で隅々に瀰漫するには時間がかかる。

 変わるもの、ちょっとずつしか変わるもの、変わらないもの。それらを考えつつ情報にあたるのが重要だろう。