概念じゃなくて製品とかサービスに落としていく

川島:いわゆる経営コンサルタントの場合、トップに対してアドバイスをするだけだったり、企画提案書を出して終わりだったりというケースもあるようですが、そもそもがデザイン会社である「ネンド」の場合、経営にかかわる仕事でもずいぶんとやることが異なりますね。

佐藤:かたちを作るところまでやるのがデザイナーの仕事だと思っています。だから、製品やサービスという具体的なかたちで着地させるところまでやりたいと思っています。

川島:たとえば若手社員たちを活性化させたいという課題については、具体的にはどのようにかかわるのですか。現場の若手からしてみれば、急にトップから降りてきたプロジェクトで、相手は有名デザイナーの佐藤オオキさん。やりづらいんじゃないかと。

佐藤:最初からぴったり息が合って進んでいくわけじゃありません。クライアント側も、デザイナーって訳のわからないことをやろうとするんじゃないかと誤解されていることも多いんです。もちろん、一緒にやっていくうちに、理解してもらい、そういう誤解も解けるのですが。

 まずは話すことから始めます。もし、現場の士気が高くないとしたら、それは、経営者が期待していることが現場まで伝わっていないからか、あるいは認識がズレてしまっているから。なので、そこのズレを認識してもらう。現場の人たちに、自ら変わる、変えていくという意識を持ってもらうコミュニケーションを意識しています。会社の中にいる人の大半の方にとって、現状を変えて欲しくないというケースがあります。でも、僕らがやる仕事は「変えていくこと」なので。

川島:現場のひとたちに、どうやって認識してもらうんですか?

佐藤:たとえば何かかたちにして、それぞれの考えを言ってもらう。概念じゃなくて、製品とかサービスとか、そういう目に見えるかたちに「変えていくこと」をしてもらうと、問題点が明らかになっていくんです。

川島:抽象的な言葉のレベルじゃなくて、具体的なかたちのレベルに落とすことで、課題を認識してもらうということですね。

佐藤:しかも、若手だけでやり続けるのではなく、要所要所で、経営者など意思決定者を引き入れることも意識しています。そうすることで、若手チームにも気づきがあるし、経営者にも気づきがある。

川島:どんな気づきがあるんですか?

佐藤:大企業は多くの階層があるから、トップの考えが真っ直ぐ現場に伝わることって少ないですよね。それに、若手チームにとって、経営トップと直接話すのは、そう頻繁にあることじゃない。経営トップと一緒にミーティングすることで、改めて企業の向かう方向と、その中でこのプロジェクトがどう位置づけられているのかを理解できるようになるんです。一方、経営トップにとっては、自分が発案したプロジェクトの進行度合を確認できるし、若い世代の問題意識やアイデアを肌身で感じることができる。そういう場を設け、コミュニケーションを図ることも、デザイナーの仕事のひとつだと思ってます。

川島:なるほど。モノやサービスのデザインだけじゃなく、社内のコミュニケーションの場もデザインするわけですね。

次ページ デザイナーは意思決定を仕向けてはいけない