「Think Lab」5
「Think Lab」5

川島:パンフレットでは、「世界一集中できる場を目指し、進化し続ける会員制ワークスペース」と謳っていますが、本当に世界初なんですか。

田中:ここにしかないと思います。「緑視率」という視界に入るグリーンの分量や、「ハイレゾ自然音」という集中・リフレッシュできる音をはじめ、光、湿度、温度など、人が集中するためのファクターが、いくつかあるのですが、「Think Lab」は、そういう科学的根拠にもとづいたファクターを盛り込んで作ったのです。

川島:オフィスのあり方も、これからの時代に向けて、考えざるを得ない状況になっていて、各社がさまざまな実験を始めています。

田中:その大半は、社員同士のコミュニケーションを図ったり、情報やアイデアを集めたりということに向かっています。ただ、企業内でイノベーションを起こすには、そういった「知の探索」という領域と、ものごとを深く追求してカタチにしていく「知の深化」という領域の双方が必要なのです。
「Think Lab」は、その「知の深化」を行うためのワークスペースで、集中して働くことを意図したもの。マインドフルネスで名を馳せている予防医学研究者で医学博士の石川善樹さんと一緒に、さまざまな研究を重ねて作りました。

川島:空間のデザインもかっこいいですね。入り口は敷石があってお寺の参道みたいだし。グリーンにあふれた落ち着いたスペースが魅力的です。

中途半端はダメ、何事も振り切る

田中:空間は、建築家の藤本壮介さんに監修していいただき、神社仏閣の構造を土台に置いたデザインを施しました。

川島:入り口からのアプローチが長い廊下になっていて、ちょっと参道のような雰囲気と思っていたのですが、そういうことだったのですね。それで田中さん、本当にここで、集中力は上がるのですか?

田中:「JINS MEME」で計測したところ、30階のオフィスに比べて2倍の集中力が出るという結果でした。

川島:それは凄いですね!