日本のキャンプ人口はたったの6.5%

山井:川島さん、日本のキャンプ人口はどれくらいあると思いますか? たった800万人で、人口の6.5%くらいしかないのです。

川島:そんなに少ないんですか?

山井:だから、ここはここで開拓の余地があると思っています。今、本社屋に併設したキャンプ場で「手ぶらキャンププラン」というのをやっているのです。これは、「手ぶらでキャンプできるなら、試しにやってみよう」という人を対象としたものです。

川島:「手ぶらキャンププラン」ってわかりやすいです! つまり何の準備をしなくても、キャンプできちゃうってことですよね。

山井:そうです。「手ぶら」で5人までのキャンプを3万9800円で行えるという内容。うちのインストラクターが、テントの設営にはじまって、ノウハウをすべて教えながらお手伝いするのです。道具一式も、うちの製品を全部使って行いますから「手ぶら」。年間で350組くらいの参加者がいて、しかも年々、増えていっているのです。

川島:どんどんやれそうですね。

山井:うちがやっている直営キャンプ場が他に4カ所あるし、提携キャンプ場などを作っていけば、もっと広げられると思っていて、6.5%のキャンプ人口を、20%くらいまで持っていきたいと考えています。

川島:まずは体験してもらうって、良いアイデアですね。

山井:その延長線上に「グランピング」の構想があって、それを実現したのが十勝と白馬などの試みなのです。「グランピング」であれば、参加することへのハードルは、うんと下がります。