全4657文字
東京都瑞穂町に新規就農した井垣貴洋さん一家

 そういう若者たちの中から、新しい兼業農家が登場した。夫婦のどちらかが会社に勤めて定収を持ち、もう1人が農業に専念する。彼らの取り組みに持続可能性を感じる理由は、ダブルインカムだけではない。もっと大きいのは、心から農業が好きでやっていて、家族がそのことに理解を示している点だ。「長男だから」という理由で、渋々農業をやっていた過去の一部の兼業農家とは別の存在。農業はすでに既存の農家だけのものではないのだ。

 こういうふうに書いてくると、「結局、どれが正しいの?」と思う人も少なくないだろう。「『あれもこれも』と言っていたのでは、生き残りのヒントにはならない」と。その問いには、「多様性の中にこそ未来の可能性が潜む」と答えたい。多様性を獲得した先にこそ、次のチャンスが見えてくる。

転換点を迎えた日本の農業

 日本の農業はようやく歴史的な転換点を迎えつつある。戦後の農地改革で、日本に「膨大な数の零細な自作農」という均一な生産構造が誕生した。農地法がそれを制度的に固定し、高度成長期からバブル期に農地の資産価値が高まり、農業内での田畑の流動化を妨げた。

 だが、一見堅固にみえるこの構造は、多くの農家が後継者を確保できないという点で決定的なもろさをはらんでた。その外殻がついに決壊し、次の構造が見えないのが農業の現状だと思う。同時期に日本の社会で進行しているのが、他の先進国が経験したことのない急激な高齢化や、長く続く低成長と東日本大震災がもたらした価値観の変化だ。

 均一な構造が崩れたことで、成長する農業法人や、指導力のある組合長が率いる農協、植物工場、市民農園など多様な可能性が噴き出したのが農業の今の姿だ。どれも平成時代に入ったころから萌芽はあったが、簡単には倒れない位に幹は太くなった。根底でなお危機が進行する一方で、新たなプレーヤーたちは情熱を持って農業に向き合っている。それが未来の希望だと思う。

 いよいよ次回が最終回です。

砂上の飽食ニッポン、「三人に一人が餓死」の明日
三つのキーワードから読み解く「異端の農業再興論」

これは「誰かの課題」ではない。
今、日本に生きる「私たちの課題」だ。

【小泉進次郎】「負けて勝つ」農政改革の真相
【植物工場3.0】「赤字六割の悪夢」越え、大躍進へ
【異企業参入】「お試し」の苦い教訓と成功の要件

2018年9月25日 日経BP社刊
吉田忠則(著) 定価:本体1800円+税