全4045文字

 茨城県の東部、行方市の森と畑に囲まれた地域を車で走ると、「サツマイモのテーマパーク」とも言うべき一角が現れる。名前は「らぽっぽ なめがたファーマーズヴィレッジ」。運営しているのは、洋菓子店「らぽっぽ」などを運営する白ハト食品工業(大阪府守口市)と、同社がなめがた農業協同組合(JAなめがた、行方市)と共同で作った農業法人「なめがたしろはとファーム」だ。

森に囲まれた広大な一角に「らぽっぽ なめがたファーマーズヴィレッジ」はある(写真提供:白ハト食品工業、茨城県行方市)

 施設は2015年10月にオープンした。敷地内に広がる畑で栽培しているのは、サツマイモやレンコン、タマネギなど。畑の一部は、貸農園として利用者に開放しているほか、サツマイモの収穫祭など様々なイベントも開く。中核となる建物は、サツマイモを焼き芋や芋けんぴなどに加工する工場と、農産物や加工品を売る店舗やレストラン。さらに、工場の一部を見学できて、サツマイモについて学ぶこともできるミュージアムも併設している。サツマイモの普及に努めた江戸時代の学者、青木昆陽の人形などが展示してあり、子どもたちに人気の施設だ。

焼き芋の販売コーナー(茨城県行方市)
サツマイモの加工工場の様子(写真提供:白ハト食品工業、茨城県行方市)
らぽっぽ なめがたファーマーズヴィレッジのミュージアムにある「サツマイモ先生」青木昆陽の人形(茨城県行方市)

 特筆すべきは、廃校になった小学校の校舎を活かすことで、地域と調和した施設として作り上げた点にある。きれいに整備された畑は、周囲に広がっていた雑草だらけの耕作放棄地を、白ハト食品の若い社員たちが開墾して作り上げた。地域社会と農業の疲弊に抗うシンボルとなる施設だ。立ち上げに際しては、農林中央金庫が資金面でサポートした。

らぽっぽ なめがたファーマーズヴィレッジは廃校を活用して建設した(茨城県行方市)
荒れ地を開墾し、畑を再生した(茨城県行方市)

 来場者数は1年目が21万5000人で、2年目が23万人。3年目となる今年10月末までの1年間は27万人に達した。来場者の約半数は東京や千葉、埼玉など県外から訪れており、地域密着型であると同時に広域から集客する施設として成長しつつある。インバウンドの導線にはまだ組み込まれていないが、広域で連携すれば訪日客を呼び込むことも可能だろう。

 廃校と放棄地をテーマパークとして甦らせるプロジェクトはどんな経緯で実現したのか。農業の生き残り策を探る連載の趣旨を踏まえ、今回はまずJAなめがたの視点から、施設の誕生までをたどってみたいと思う。背景にあるのは、1990年代のバブル崩壊に伴う食品市場の低迷だ。

 「まさか青果物にまで影響が出るとは思わなかった」。棚谷保男組合長は当時のことをこうふり返る。とくに打撃を受けたのが、大葉とエシャレットだ。接待や交際費の減少で宴会需要が減り、居酒屋などに供給していた食材の売り上げが急減した。90年代後半のことだ。

実需の要望に応えるべきだと強調するJAなめがたの棚谷保男組合長(茨城県行方市)