農家への指導はどうやって始まったんですか。

 「こういうことを農家に説明しても、理解してもらうのは難しい。そこで、必要なものを仕込んだ堆肥をつくり、知り合いの農家に使ってもらいました。数週間で土が軟らかくなり、『何が起こったんだ』ってことになりました。堆肥を入れたところが、パンのようにふくれたんです」

 「そうこうしているうち、地中の硬盤を水が抜けなくて、雨が降ると水がたまってしまうという話が来ました。そこで、土の上にビニールを敷きました。発生したガスが外に逃げられなくなり、水をどんどん下に押し下げる。太陽熱で温められた蒸気も同じ働きをします。菌のついた水が硬いところにしみこんでガスを発生させ、硬盤を砕く」

炭水化物が不足、味も栄養価も上がらない

化学肥料がない時代と共通点はありますか。

 「昔の農家がやっていたのと同じことです。昔はいまほど野菜の流通が発達しておらず、食べたものはふん尿の形で戻ってきたので、ミネラルが地域内で循環していたんです。川が氾濫すれば、リン酸やカリウム、マグネシウム、アミノ酸が畑に入る。山からも来る。昔は物質の循環が正常だったから成り立ったんです。エコサイクルです」

 「いまは、窒素、リン酸、カリウムの3大要素だけを入れればいいということをやっているので、畑の土の栄養素が減ってしまったんです。せいぜい入れるのは石灰やマグネシウムです。一方で、窒素は入れるから、体のもとになるタンパク質はできて、細胞が大きくなる。すると、光合成でできた炭水化物が細胞壁に使われてしまう。その結果、糖分やビタミンに回す炭水化物が不足し、味も栄養価も上がらなくなるんです」