成長戦略に盛り込む「第4次産業革命」の破壊度

■職業別の従業員数の変化(伸び率) ※2015年度と2030年度の比較

変革により新しい仕事が生まれ多くの雇用を創出する業種がある一方、製造業などでは失われる仕事が多い見通しだ。日本全体で大幅な産業構造や働き方の転換が必要になる (出典:経済産業省「『新産業構造ビジョン』~第4次産業革命をリードする日本の戦略~」の45ページから)
閉じる