外国人観光客の消費をさらに増やすにはどうすればいいか。

2017年の訪日外国人は2869万人に

 2017年1年間に日本を訪れた外国人が2869万人にのぼり、2016年に比べて19%と大幅な増加になった。日本政府観光局(JNTO)が1月16日に発表したもので、過去最高になった。

 2013年以降、安倍晋三内閣が進めてきたアベノミクスによって円高が是正されたことが引き金になっており、アベノミクス最大の成果がこの訪日外国人の増加と言ってもいい。観光庁の推計によると訪日外国人旅行者は、1年間で4兆4161億円も消費したのだ。なかなか消費に力強さが出てこない日本経済にとって、大きな後押しになっているわけだ。

 アベノミクスが始まる前年の2012年は、訪日外国人は835万人。2011年には尖閣諸島問題で日中関係が冷え込み、中国からの観光客が激減。島根県の竹島を巡る領有権問題で日韓関係も悪化したことから、韓国からの観光客も減った。訪日客数ではどん底の年になった2011年は621万人だった。

 それが、アベノミクス開始以降の円安が引き金になってアジアからの観光客が急増し始めた。政府が日本への入国ビザの要件を緩和したことや、消費税がかからない免税商品の対象を拡大したことなども追い風になった。日中関係は政治面ではギクシャクした関係が続いたが、日本にやってくる中国人は2013年以降、激増。いわゆる「爆買い」が発生した。

 2013年は24%増の1036万人と初めて1000万人を突破。2014年は29%増の1341万人、2015年は47%増の1973万人と大きく増え、2016年には22%増の2403万人と初めて2000万人の大台に乗せた。2017年の伸び率は19%と、過去4年に比べて鈍化したようにも見えるが、2ケタ増が続いている。

 かねて政府は、東京オリンピック・パラリンピックが開かれる2020年に訪日外国人を4000万人に増やすことを目標に掲げてきたが、このままの伸び率が続けば、達成は十分に可能だ。「オリンピック特需」も期待できる。