柏木は新たな攻撃の起点となれるか!?

 今大会でキャプテン長谷部とボランチを組んだのは柏木だった。特にブルガリア戦では彼の多彩なパスがゴールの起点ともなっていた。

 上の表はブルガリア戦のアタッキングサードへの縦パス数をランキングで示したものだ。総数と成功数で、柏木が突出していることがわかる。

[画像のクリックで拡大表示]

 さらに、上の図は、柏木のパスから4プレー以内にゴールに繋がったパスの軌跡を示したものである。ブルガリア戦の全7ゴールうち5ゴールに柏木からのパスが関わっていた。

 特にセンターサークル内からの左右に長いパスは香川の2ゴールに繋がっている。岡崎の先制点アシストも含め、ゴールを演出する力をアピールすることに成功した。ただし、ボスニア・ヘルツェゴビナ戦では、十分にアピールすることができず前半のみで退き、若手の遠藤にポジションを譲ることとなった。

 怪我でピッチから離れている山口を含め、このポジションに誰が収まるのか、注目しておきたい。

次ページ 宇佐美の守備にも現れたチームタックル数に注目