トヨタが1位を奪還し、サントリーが僅差で2位に。日経BP環境経営フォーラムの「環境ブランド調査2016」が発表になり、トヨタが7年ぶりに首位に返り咲いた。ハイブリッド車の4代目「プリウス」や量産車で世界初の燃料電池車「ミライ」の発売に加え、「トヨタ環境チャレンジ2050」を打ち出して会社の未来像を明確に示したことが支持を集めた。その強さを裏打ちするのが社員やサプライヤーの環境意識の高さだ。そのウラに、新たに導入した新入社員用のユニークな環境教育システムがあった。

 トヨタ自動車が7年ぶりに首位を奪還した――。日経BP環境経営フォーラムが実施している「環境ブランド調査2016」の結果が出た。過去5年間首位を守ってきたサントリーを抜いて、トヨタがついに1位に躍り出た。

2016年の「環境ブランド調査」の総合ランキング上位20位

 環境ブランド調査とは、日経BP環境経営フォーラムが主要560企業ブランドを対象に、一般の消費者に対して企業の環境イメージなどをインターネットで調査して、結果を集計・分析している調査である。2000年から実施しており、今年は17回目。3月19日~4月24日に実施し、全国の2万300人から有効回答を得た。偏差値(平均50)にあたる「環境ブランド指数」という指標でランキングを付ける。同指数は、「環境情報接触度」「環境コミュニケーション指標」「環境イメージ指標」「環境評価指標」の4つの指標を総合して算出する。一般の消費者が企業の環境の取り組みをどの程度認知し、どのように評価しているかを知るモノサシになる指数だといえよう。

 トヨタは、環境ブランド指数を昨年の97から今年は102.6に5.6ポイントも伸ばして首位に立った。対するサントリーは昨年の99から99.3へと伸ばしたものの、トヨタの飛躍がそれを上回った。トヨタは4つの指標のいずれでも1位を独占し、圧倒的な強さをみせた。