グッチの仏ケリングが気にかける地球へのコスト

ケリンググループの2015年環境損益計算書

ケリンググループのサプライチェーンの各段階における様々なタイプの環境負荷を金額ベースで示した。丸が大きいほど金額が大きい。4次サプライヤーの土地利用や水質汚染に関する環境負荷が大きいことが一目瞭然である。
出所:ケリングの環境損益計算書を基に日経エコロジー編集部が作成
閉じる