探査計画2

2001マーズ・オデッセイ
2001年に打ち上げ、同年内に周回軌道に入り、2016年現在も観測を続けている! ミッション名は「2001年宇宙の旅」にかけてある。火星に水がある証拠を発見するのを1つの目的に掲げ、実際に南極地方の地下に氷があるというデータを得た。

2001マーズ・オデッセイの想像図と実際に撮影した写真。(Image:NASA/JPL)

マーズ・エクスプロレーション・ローバー
2003年に打ち上げ、2004年に火星に着陸。2機のローバーを送り届けた。火星に過去、水の活動があった痕跡を見つけるのが一大目標。ローバーAは「スピリット」で、ローバーBは「オポチュニティ」。オポチュニティは現在も探査を続けている。これも科学教育の優良コンテンツになり、特に活動期間の長いオポチュニティは、一般にもとてもよく知られている。

スピリットの自撮り写真。(Image:NASA/JPL-Caltech/Cornell)

マーズ・リコネッサンス・オービター
2005年に打ち上げ、2006年に火星の周回軌道に投入成功。2016年時点でも、観測を続けている。超解像度のカメラ、HiRISEなどを搭載。

(Image:NASA/JPL-Caltech)

フェニックス・マーズ・ランダー
2007年打ち上げ、2008年、火星に着陸した。はじめて火星の北極に着陸した火星ランダーになった。ロボットアームで、土壌の調査をした。

ロボットアームで土壌の調査をするフェニックス・マーズ・ランダーの想像図。(Image:NASA/JPL)

マーズ・サイエンス・ラボラトリー
2011年に打ち上げ。2012年に、火星ローバー「キュリオシティ(Curiosity)」を軟着陸させた。キュリオシティは現在も活躍中。2016年時点で、火星探査のスター的存在。火星で生命が生きられるかどうか確認するのがミッション。

火星探査車3世代。手前の小型のものがソジャーナ、左がスピリットおよびオポチュニティ、右がキュリオシティ。(Image:NASA/JPL-CALTECH)

メイヴン
2013年打ち上げ、2014年に火星周回軌道に到達。火星の大気の詳細な観測を主眼に置いている。2016年時点でも、観測継続中。

メイヴンの想像図。(Image:NASA/JPL-Caltech)

 ざっとこんなところだ。