スマートフォンに顔認証が採用されるように、顔はセキュリティに使えるほど「本人性」が高いものだが、情報としての顔についてはどんな研究が行なわれているのだろうか。3DCGによる顔の「再現」からエンタテインメントへの応用まで、CG研究の第一線で活躍を続ける森島繁生先生の研究室に行ってみた!

(文=川端裕人、写真=内海裕之)

 フューチャーキャストとは、映画を見に来たお客さん自身がその映画に登場し、「自分が活躍する映画」を楽しむことができるシステムだ。

 2005年に愛・地球博のパビリオンのために作られた作品『グランオデッセイ』で、はじめて実現した。来場者は待ち時間のうちに顔を三次元スキャンしてもらい、そのデータを映画の中に反映させる。博覧会が終わった後も長崎のハウステンボスに移設され、12年近くにわたって人気コンテンツとして活躍した。

 デモを見せてもらったが、宇宙を舞台にした活劇で、派手な戦闘シーンや宇宙船のオペレーターなど、さまざまな役割の登場人物が登場し、それらの一つ一つに「実在の」人の顔が使われているということだった。その中に「自分」の顔があるなら、まずどこにいるか探すところから始まって楽しめそうだ。

「フューチャーキャストシステム」によって森島さんが実現させた、誰でも自分が活躍できる映画『グランオデッセイ』。動画の前半は観客の顔を取り込む仕組みの説明で、映画そのものは2分前後から始まる。(c)dentsu/dentsu live (提供:森島繁生)

「実は、これは1998年にやった研究がもとになっているんです。『The Fugitive(逃亡者)』という映画で、主演のハリソン・フォードと助演のトミー・リー・ジョーンズの顔を、それぞれ別の人、というか、うちの学生の顔で置きかえる実験をやって、要は観客が主人公になったり、登場人物になったりすると、こんなに面白いよっていうのを実写の映像で再現するデモをつくりました。映画の中の顔の向きをトラッキングして、その向きに合わせた学生の顔のモデルをつくって、オリジナルで言ってるのと違うセリフに合わせて口の動きを合成して、自分のオリジナルの作品をつくりましょうみたいな。それで、SIGGRAPH(シーグラフ)に論文を出したんですが、リジェクトになって返ってきました。その理由は『ハリソン・フォードの肖像権はちゃんとクリアできてるんでしょうか』でした」

続きを読む 2/5

この記事はシリーズ「研究室に行ってみた」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。