邪悪な存在にも警告はする

でも米国が反撃を封じるために、核兵器も使って先制攻撃してきたらどうするのでしょうか。

鈴置:「米国は先制核攻撃しない」とも、なぜか信じ込んでいるのです。集団幻想です。

 これまで北朝鮮のように外国に向かって「核で先制攻撃するぞ」と脅した国はありません。北朝鮮は2015年頃から、核による先制攻撃を何度も宣言しています(「朴槿恵は『北爆』を決意できるのか」参照)。

 そんな国は、先制核攻撃されても文句は言えません。というのに、北朝鮮ではそこを読めなくなっている。だからいまだにやりたい放題なのです。

そこで最高指導者に直接「目を覚ませ」と……・

鈴置:大統領の国連演説で、北朝鮮は少し腰が引けました(「金正恩をコーナーに追い詰めたトランプ」参照)。でも、核を放棄する気はもちろんない。

 トランプ政権は「こっちは本気だ。戦争する覚悟はあるんだよ」と、畳みかけておこうと考えたのでしょう。

 国連演説で大統領は北朝鮮を「邪悪(wicked)」な存在と決めつけました。でも、そんな国だって「完全に破壊(totally destroy)」する前に「完全な警告」はしておきたいものです。いくら悪漢でも、撃ち殺したら寝覚めが悪い。

イラン・コネクション

そして今は「ツイッター」という直接対話の道具がある……。

鈴置:そこです。新しくできた便利な道具を利用しない手はないのです。昔だったら敵の指導者に密書を送るところです。でも密書は途中で握り潰されることも、改竄されることもある。

 ツイッターならそんな心配はない。それに文章の長さに制限はあるけれど、何本も送ることができる。

 「小さなロケットマンの先は長くない」と同じ日に、トランプ大統領は北朝鮮関連のツイッターをもう1本、発信しています。「イランがイスラエルに届く弾道弾を撃った」です。

  • Iran just test-fired a Ballistic Missile capable of reaching Israel. They are also working with North Korea. Not much of an agreement we have!

 9月23日、イランが「射程2000キロの多弾頭の新型弾道弾『ホラムシャハル』の試射に成功した」と発表しました。米英仏はイランのミサイル開発は国連決議に違反すると批判しています。

 このツイートは弾道弾の試射を非難したものです。3番目の文章をご覧下さい。これだけでは分かりにくいのですが、2015年にオバマ(Barack Obama)政権が結んだ、イランに核兵器開発を凍結させる合意は意味がないと指摘したのです。

 トランプ政権はこの核合意を破棄したくてしょうがない。合意ではイランの核武装を食い止められないとの判断です。大統領は9月19日の国連演説でも北朝鮮に続き、イランを非難しました。以下です。

  • We face this decision not only in North Korea. It is far past time for the nations of the world to confront another reckless regime -- one that speaks openly of mass murder, vowing death to America, destruction to Israel, and ruin for many leaders and nations in this room.

 「邪悪(wicked)な存在」の2番目にイランを挙げました。「虐殺と米国の壊滅、イスラエルの破壊を公然と誓う向こう見ずな政権」と規定し、北朝鮮と同様に世界は対処を迫られていると訴えたのです。