北朝鮮の5回目の核実験が韓国の核武装論に火をつける(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

 9月9日午前9時半ごろ、北朝鮮が5回目の核実験を実施した。韓国で高まっていた予防攻撃論や核武装論に、一気に火がつくのは確実だ。

核弾頭を思いのままに必要なだけ

 9月9日午後、北朝鮮は5回目の核実験に成功したと発表した。朝鮮中央テレビは「戦略弾道ミサイルに装着するための標準化、規格化された核弾頭の構造と動作、特性、性能と威力を最終的に確認した。より打撃力の高い各種核弾頭を、思いのままに必要なだけ生産できるようになった」と誇った(朝鮮日報「速報・北の朝鮮中央TV『核実験に成功、思いのままに核弾頭生産が可能に』」=9月9日、韓国語版=参照)。

 韓国の国防部関係者は同日午前「核実験によると見られる地震の規模はマグニチュード5.0。核爆弾の威力は(TNT換算)10キロトン程度と推定され、これまでで最大の規模である」と記者団に説明した。

●北朝鮮の核実験
回数実施日規模
1回目2006年10月9日M4.2
2回目2009年5月25日M4.7
3回目2013年2月12日M5.1
4回目2016年1月6日M5.1
5回目2016年9月9日M5.3
(注)数字は実験によって起きた地震の規模。米地質研究所の発表による。

 これを伝えた聯合ニュース「北、政権樹立日に5回目の核実験…軍、10キロトンの威力と推定」(韓国語版、9月9日)によると、今年1月の4回目の核実験の威力は6キロトンだったという。

 この記事は科学技術研究院のイ・チュングン研究委員の「威力は10-20キロトンと推定される。この程度の威力があれば核弾頭として十分に使える」との発言も伝えた。

運搬手段も着実に確保

 北朝鮮は核弾頭の運搬手段も着々と整備している。8月24日には日本海で潜水艦発射型弾道ミサイル(SLBM)を1発、試射した。

 500キロほど飛行したため、専門家は一様に、北朝鮮がSLBMの実用化にメドを付けたと見なした(「韓国が目論む『2020年の核武装宣言』」参照)。

 9月5日にも「ノドン」と見られる弾道ミサイル3発を東北東に向け発射。約1000キロ飛行し、日本の排他的経済水域(EEZ)内の北海道・奥尻島の西、約200―250キロに落ちた。

 2016年1月の4回目の核実験以降、韓国では堂々と核武装が語られ始めている。最大手紙の朝鮮日報が先頭に立って「核保有を検討しよう」と訴えた(「やはり、韓国は核武装を言い出した」参照)。

 8月24日のSLBM成功の後には、核武装論の声がさらに増した。THAAD(地上配備型ミサイル迎撃システム)などの核ミサイルを撃ち落とす兵器を導入しても、潜水艦から奇襲で核攻撃を受けたら対応できない、との判断からだ。

あなたにおすすめ

Powered by リゾーム

過去のコメント
  • 南は北の核が自国に飛んで来るとは思っていないでしょう。同じ民族ですもん。開成?工業団地で資金支援もしたんだし、恩を売ったつもりになっている筈で。となると南が核を欲しがるのは何故?日本も持っていないからですな。核と言う棍棒で日本を脅す事も出来ますし、一挙両得。北はダシにされているだけです。

  • 独裁国は軍備を美化、信仰するんですね。朝鮮に限らず、中国もどこも軍事パレードをするところは同じ穴の狢。武器は独裁者の力。核兵器は最大の力。力を誇示するなら核兵器。子供じみた発想だが、子供じみた独裁者が最強の武器を持つから、世界は最大の危険にさらされる。核兵器を持てないプライドばかり高いお隣の国は地団駄踏んで、こちらも子供のように悔しがるんでしょうね。こんな隣人たちは本当に嫌だ。迎撃体制は万全にしましょうね。

  • 北朝鮮の動きに関連して、来年末に実施される韓国の次期大統領選挙までに、朴大統領がどのような自己保身術を施すだろうか。このほうが興味深い。

  • 今回は中国も非難している様ですが中国が非難するだけでは無く経済性を課さない限り意味のない発言でしょう。日本はこれ以上制裁をする方法があるのでしょうか?思いつくのはパチ屋の撲滅位?日本だけでは限界でしょう。主な支援国は中国、ロシア、出稼ぎ労働者からの搾取、北朝鮮の武器輸入国でしょうか。この辺が締め付けない限り経済的には難しいでしょう。いくら貧乏とはいえ北朝鮮が湯水のごとく核開発やミサイル実験ができるのは経済的後ろ盾がないと難しいと思うのですが果たしてどこから?中国も自ら制裁しないのであればせめてアメリカの核研究施設攻撃を容認する位はしても良いと思うのですがね。「そもそも朝鮮戦争の延長としての現状であれば、日本の関与はありえません。」なら良いのですが現状は違います。集団的自衛権を容認したのでアメリカが手伝えと言えば手伝わざるを得ません。安倍の可笑しい例題の説明を鵜呑みにしてはいけません。実際にはアメリカが一緒に戦うぞといえば拒否できないし、安倍は拒否しないでしょう。否応なく朝鮮戦争に当事者として巻き込まれます(どのレベルまでかは分かりませんが)。韓国は当然当事者なので巻き込まれますよ。朝鮮戦争がどのような形で再開するのかは現時点では分かりませんが、中国やロシアが北朝鮮を占領する事があったとしても当事者として積極的に手を貸すとも思えません。北朝鮮、朝鮮半島をどうするのか各国の思惑次第で如何様にも考えられます。ただ北朝鮮が現状のままなら遠からず戦争か内乱が起ることは必至でしょう。

  • 韓国は確かに核武装の誘惑にギリギリ耐えているのでしょう。ただ、北朝鮮を叩くのに、何もそれが核である必要はないと思います。叩く時は当然先制攻撃でしょうから、通常戦力で十分です。

  • それにしても・・・ホントに妙なコメントが止みませんね.それだけ彼の国(正しくは”彼の国々”かな?)が「頑張っている」証左とも言えなくもないですが.

    現政権がロシアとのチャンネルを広げようとしているのは「交渉視点(支点)の拡大」という一点に於いても大きな価値を持つと思っています.もっともどこまで今の北朝鮮に対して直接的効果かつ即効性があるかは懐疑的ですけども.
    更にロシアの場合,領土問題での揺さぶりがあるので一筋縄では行きませんけれどもクリミア半島と上手く連動させられれば(ウクライナには辛い状況ですが)日本としては交渉の余地は非常に大きい,とはいえ流石にそう簡単には行かない,かな?個人的にはロシアにとっても実利は大きいと思うのですが.加えて安保理決議に自律判断(という形)で一国だけが北朝鮮への決議反対という形式を作り上げれることができれば,ロシアも花を持つことができる(上に核武装の制御という明確なメッセージを送れる)のに・・・というのは空想も過ぎるので止めておきましょうか.
    なお,以前の米中会談で「朝鮮半島の非核化合意」というのは国名が入っていないところが大きなポイントだと思っていて,以前の記事でも触れておられましたが北だけなく南も核武装を目指すなら「どうなるか分かってるよね?」というメッセージなのですが,どこまで届いているのやら?

    他のコメントにもある通り「日本はどうすれば良いのか?」を考えた上で「我が国は如何に立ち振る舞うか?」というメッセージを打ち出していく必要がありますね.(とはいえ憲法第9条2項の撤廃,というのは現段階では拙速に過ぎると思います.「撤廃の議論」というのはオプションの1つでしょうが.)

  • これだけ経済制裁をしたにも拘わらず、核実験のスピードは加速し、更にはミサイルの精度向上、潜水艦発射型弾道ミサイルにも目処が立っている訳ですか。
    この資金と技術を、北朝鮮はどこから手に入れてるんでしょうね?
    特に潜水艦発射型弾道ミサイルの技術を持つ国など、世界を見回してもそう多くは無いと思うのですが。
    経済制裁をするなら、その大元の供給源を止めないと単なる言葉遊びにしかならないと思います。
    地政学から見れば韓国とも協議しなければなりませんが、かの国は核問題よりも虚偽の慰安婦問題の方が重要なようですので、却って邪魔にしかならないでしょう。
    日本がどう動くか、正念場でしょうね。

  •  そもそも朝鮮戦争の延長としての現状であれば、日本の関与はありえません。休戦協定の締結者である米国と国連、中国、北朝鮮だけで話し合えば済むことです(韓国ですら蚊帳の外)。
     仮に、休戦協定を破棄したから当事者は変わった、ということだとしても、日本の関与はほぼ無いと言えるのではないでしょうか(拉致問題で一部関わるのみ)。日本が何かアクションを起こすのは、あくまでも米国と国連に対して協力するという点だけであって、それ以上でも以下でもありません。
     北朝鮮がなにかキチガイじみた行動を起こすと、「日米」が協力して、というところまでは良いとしても、それがさらに「日米韓」となるのが理解できません。
     「韓国 vs. 北朝鮮」での交渉をすべてに優先して進め、その他の国々はそれを進めるための支援に全力を傾けるべきと思います。
     つまりは、「朝鮮民族同士のくだらない内輪もめに他国を巻き込むな」ということです。

  • 原爆の恐ろしさを体験してる日本がしてることは北朝鮮
    に対する非難と国連の経済制裁だけ、これで日本が三度目の核の
    洗礼を受ける危険性を排除できるわけがない。
    北朝鮮が日本を核攻撃した際には壊滅的なダメージを受けること
    を知らしめるためには、核ミサイル搭載できるSLBMを配備しな
    い限り無理だと思うけど。

  •  本当に核弾頭実験が成功したなら、キセノン133とクリプトン85が検出されるはず。第1回核実験のときには、確かに検出されたと報道されていたが、二回目から四回目までは検出されたという話が聞こえてこない。今回も検出されず、爆発規模も10キロトン前後であるならば、不完爆だったと考えられる。まだ、爆縮型の実験には成功していない公算が高い(第1回目は、ガンバレル方式だったと推定される)。
     おそらく北は、成功するまで実験を止めないだろう。そして、いずれはそれに成功し、さらに何年かかけて、実用弾頭化を成功させるかもしれない。将来の脅威であることは違いない。
     しかし、日本にとっての真の脅威は、シナ共産党の弾道ミサイルだ。それは現に実戦配備され、東京にいつでも水爆ミサイルを撃ち込める体制にある。スタンダードSM-3ミサイルでは迎撃不可能。PAC3はヘッドオン(真正面から)で迎撃できない限り対応不能。実はTHAADでも迎撃できないのだ。国内には、国民防護のための公共核シェルターなんて、公式には存在しない。どうすりゃいいんだ?!
     いつか脅威になるかもしれない北の核ミサイルより、今そこにある危機に目を向けてくれ!

  • 核が搭載できれば、当然核弾頭ミサイルとして販売できる。
    安い核をほしがる組織もあるでしょうね。
    北が正しく管理できているとは思えないし、販売された場合どこが買うのか?やばい拡散しかイメージできない。

    しかし、核実験してもいい、捨ててもいい土地が北にあるのでしょうか?国土大事じゃないのかなー。あと、ミサイルを海洋投棄するな。どんな燃料なのか知らんが海を汚すなよ。グリーンピースが黙っちゃいないぞw

  • この核にしろ弾道ミサイルにしろ主な資金源は日本のパチンコでしょ。そっちを規制する方が確実なのはみんなわかってるのにできないんですよね。

  • 中国は北朝鮮の最終的な生殺与奪権を握っている。釈迦の掌で孫悟空が暴れている状況と思う。
    主に中国の政策優先順位で、また、時期親中政権の準備遅れ(親中粛正)で潰さないだけでは?
    太った孫悟空は、生き残りに必死だ。
    かたや、韓国は、核兵器を持つことは無いのでは?アメリカが許そうが、中国は絶対許さない。
    中国は、代替案として親中韓国による半島統一をキープしているのでは。統一コストは韓国負担、中国は気持ち程度の負担、あわよくば、両国で、日本から搾り取る。
    金王朝の断末魔である核ミサイル発射音は、聞きたくない。

  • 一度でも核を使用すれば、米国の全面核報復で祖国が消滅することは、北の指導者も理解しているだろう。むしろ核開発とミサイルは、対中国兵器ではないだろうか。
    やはり米国の本音としては、中国による北朝鮮の完全統御、出来れば傀儡化による核問題の完全解消、そして韓国からの米軍全面撤収、半島を大陸付属地と言う本来の安定状態に戻すことを望んでいると思う。
    しかし中国による完全統御は、キム王朝の終焉を意味する。もし中国軍が南侵を開始した場合、その根拠地に通常ミサイルを使用し、かつ侵攻してきた中国陸軍に、自国民がいる中で核を使用する計画ではないだろうか。
    むろんそれで「勝てる」とは微塵も考えていまい。侵攻するなら自国民と共に核自爆する。侵攻軍も相当な被害が出て、あとには放射能汚染された不毛の大地しか残らない。
    そんな状態を作りだすぞと、脅している気がしてならない。キム一族にしてみれば、二千万人民は人質なのだろう。

  • 日本が北朝鮮に対して出来うる最大の「制裁」は「憲法改正」ではなかろうか?

  • イスラエルがイランに対してやったように、
    北朝鮮の核施設を狙って空爆するというのもオプションの1つでしょうね。

  • 難しいことになりましたねえ。核兵器保有国とされるのは、米露に加え、中、英、仏、印、パ、そして、イスラエル、北朝鮮、…、となるわけですが、核兵器を保有管理する条件は何か、一応、想定されるのは、1)曲がりなりにも核政策があること、2)使用のための厳格な手順を持っていること、3)核使用後に発生する事態に対しての対応の原則および訓練ができていること、そして、これらを支える上での、4)政治的安定が実現されていること、でしょうか。上掲の保有国とされるうち、印、パ、北朝鮮は、すべてを満たしているかどうかという観点からは、かなり怪しい。さらに、核兵器は、実際には使用不能の兵器で、恐らく、次に使われた段階で、広島・長崎でアメリカが懸命に構成してきた免罪理由は消滅し、無条件に、使用は戦争犯罪に分類され、それは広島・長崎にも遡及適用されてもおかしくありません。核兵器の使用は、核兵器の廃絶に繋がるだろうとは思いますが、その際の、生命や財産の喪失はいかばかりか。要は、核武装は愚かなことだと思います。結局、北朝鮮が核兵器を使用するとすれば、無理心中を図ることに他なりませんが、こう考えると、国のサイズが同じくらいか、それ以下のところがターゲットになるか、サイズはもっと大きくても、著しい脆弱性があると判断されるところしか、ターゲットになり得ないのではないでしょうか。核兵器に武器としての合理性があるとすれば、また、少し違いますが、どうでしょうか。

  • 「目には目を歯には歯を」の思想は単純で解り易い。
    しかし、それは「自滅への近道」になることを歴史は教えてくれる。
    「目には眼帯を歯には入れ歯を」くらいにやり返すのが知恵者の外交。
    韓国に知恵者はいないのか?

  • 北朝鮮が着々と核開発を進めることができた要因としては、中国が「韓国に対し吠え掛かる猛犬」である北朝鮮を「飼っている」こともさることながら、韓国(=南朝鮮)が同胞である北朝鮮との平和的統一に向けた努力を完全に怠ってきたからだ。その意味で、北朝鮮の事実上の核武装を許した原因の一端は韓国にもある。

    また、北朝鮮が原始的とはいえ実戦に耐え得る核兵器を武装し、SLMB等の運搬手段も着実に実装しつつある中、南朝鮮が「あたふた」し始めるのは全く想定通りだが、我々が真っ先に考えなければならないのは、「日本はどうすれば良いのか?」という論点だろう。国家間の戦争を禁じた憲法第9条第2項をさっさと撤廃しないと、日本の周囲は無法国家で占められてしまう。

    なお、指摘するまでもないことだが、ここでいう「無法国家」には、中国、ロシア、北朝鮮に加え、南朝鮮も含まれている点に注意が必要だろうが。

  • 先ほどの投稿の続きです。ー> 1.世界平和の敵・北朝鮮とそれを支援する中国を世界に大広報する。反論するなら北朝鮮の核・ミサイル開発を止めよ(空も含めて交通を遮断せよ)と言えば良い。2.サハリンから北海道への石油とガスのパイプライン敷設(パイプラインがミソ。中韓への輸出には使わせない。原油安で民間が無理なら当面は国有)と東シベリアとウラジオストクの開発支援。今の日ロの様子だと米国とは調整済み?これにより、南シナ海・東シナ海が荒れて困るのは中国。3.尖閣上陸阻止及び奪還に向け地上・潜水艦・水上艦艇発射国産巡航ミサイルの大量配備。核で脅されたら人類と世界平和の敵の侵略国家中国・北朝鮮を大広報。(国産は日本のGDPに少しでも貢献。輸入では更に国力疲弊)
    日本は暫く独自核は持たない方が相対的に安全。米国の核の傘が無くなったらすぐ持てるように準備だけは怠りなく。

  • 北朝鮮の核&ミサイル開発で本当に危機感を抱かなければならないのは米国・中国だと思うのですが、オバマさん・習さんはどう考えて居るか知りたいものです。米中の睨み合いの間を縫っての核&ミサイル開発遂行は、北朝鮮のスパイの成果でしょう。
    もしかしたら南シナ海・尖閣奪取を狙う中国が北朝鮮に対する中国の影響を期待する米国を見切り、北朝鮮を唆すことにより中国が南シナ海・尖閣でチョッカイを出しても米国が中国に遠慮するのを試している可能性がありそう。最後は米国が北朝鮮に侵攻するのでしょうが、その時は日本がそのお先棒を担ぐことになる。そうならない様にするためには、中国を動かす以下の3つが重要と考えますが如何でしょう。->続く

  • 厳重に非難も抗議もない、こんな身勝手が許されていいものではなく民は、この情況で偶発事惹起の責任をどうとるのかを聞きたい位に思っている。アメリカに行き着くものが斯様に作られ日本や韓国を出先に同盟国云々どころではないのではないだろうか。貴国自体、アメリカ自身の安全保障政策そのものの事案として考えるべきだ。その上での日韓その他アジアの諸国との友好、安寧、秩序をどう協調、調和させるかが喫緊の課題。このまま一般市民と同じレベルの感想しか言い得ないリーダーならこれは賞味期限切れかも知れない。ひとり知恵者のつもりなら取り違えも甚だしい。拉致被害者救助の公約どころではないし、店先のショーウインドウにカタログ商品を並べられても民は手にとっても口で賞味も出来ないではないか。知行合一の施政を万機に公論に望むが如何。

  • 25年前のアメリカなら、イラクでやったように北朝鮮に軍隊突っ込んで黙らせたんだろうが、今のアメリカや中国にそれができるだろうか。できなければ金王朝の圧勝。

  •  米国も中国も北を本気で抑止しない上は、これからも北の核の脅威が増していくことへの韓国の焦燥感がどういう方向へ向かっていくのかよく見ていないといけないと思います。

  • 感想など

    予防攻撃論や核武装論という選択があるなら、北朝鮮の核施設などに対する攻撃論(予防攻撃論)をもっとクローズアップして欲しい。

    朝鮮戦争の再開を是とするものではないが、日本人から見れば、米国との強力な連携の下、予防攻撃論をブラシュアップし続け、どこかのタイミングで実行することが優先すべき対策に思える。

    核武装論については、韓国人としての余計な思惑が入っていること推察されることに加え、核武装を達成したところで、最終的な解決には絶対にならないはずだ。

  • 北朝鮮の核実験、ミサイル発射の報道を聞くたび福岡に住んでいる者として命が縮まる。せめて技術を向上して誤射のない様にと祈るのみである。何故金正恩がここまで執拗に実験を繰り返すのか?米、中、露の近隣大国特に米国の核戦略を考えれば当然と言える。他国の政治家が北朝鮮の核実験に対し、「規律ある核保有国の保有は認めるがそれ以外は認めない」と100万遍言っても、残念ながら核保有自体が規律あるものと認めがたい以上、天に唾する行為である。今まで散々原水爆実験を繰り返し世界中に恐怖を撒き散らして来た以上北朝鮮と同罪である。自ら核を放棄しない限り北朝鮮を非難する資格はないのではないか。最早国連の安保理よりシン、ゴジラの出番を待つしかないのか?

  • 韓国のTHAAD配備に、中国は文句を言えなくなりましたね。
    日本も円安になって株高になってますし、
    北朝鮮様々です。素晴らしい。

  • 北の核がミサイルの弾道に装着可能なほどであるか否かつまり
    現在可能なのか?将来的な可能性の問題ならばそれは何時か?
    その答えによりコトの緊要性と米国の対応が変わってくるでしょう。

    もちろん、北の核は弾頭どころではない大きさでミサイル装着
    は現時点では夢物語と言う、軍事評論家兵頭二十八氏のような
    意見もあります。

    いづれにせよ、大統領選がなくても、軍事攻撃オプションは
    至難でしょう。となると、鍵を握るのはまたしても中国でしょう。

    この夏の事態をドコまで、中国が把握、ひょっとしたら関与
    していたのか?南シナ海の悪イメージを払拭させる・中国の価値を
    再認識させるという、効能がある以上。中国の関与・黒幕説を
    頭ごなしに否定しきることは出来ません。

    韓国は・・・自国が核武装したいだけでしょう。だいたい、北の
    核開発ミサイル開発をそんなに危険視していたなら、もっと早く
    開城工業団地は閉鎖されていたはずです。その責を追求する声は
    明日の韓国紙では皆無でしょう。もちろん、軍事行動に出る覚悟
    があるとも思えません。

     日本は米国と協力し中国の制裁強化をよく見極めてから、対応
    を決めるでしょう。現内閣の対処能力は信頼できると思います