THAAD配備決定に抗議して断髪する星州の市民たち。韓国の国論分裂が進む(写真:Abaca/アフロ)
THAAD配備決定に抗議して断髪する星州の市民たち。韓国の国論分裂が進む(写真:Abaca/アフロ)

前回から読む)

 「核武装宣言」に向け準備を進める韓国。二股外交の失敗がそれを加速する。

孤立無援の韓国

前回は「韓国が核武装の下準備を着々と進めている」との話でした。

鈴置:注目すべきは朴槿恵(パク・クンヘ)政権の外交的な失敗が核武装を加速しそうなことです。韓国は「米中双方から見捨てられる」と焦り始めました。孤独に悩む韓国に、核武装の誘惑が忍び寄っているのです。

 最近の韓国紙を見ると「孤立無援」「四面楚歌」と卑下する記事が目立ちます。米中の間を泳ぎ回って両方から利を得る――という朴槿恵政権の二股外交が完全に裏目に出たのです。

 地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD=サード)の在韓米軍配備を韓国は認めました。すると中国から「報復するぞ」と露骨に脅され、国中が大騒ぎになりました(「韓国は『唐と戦った新羅』になれるのか」参照)。

 一方、「米国に捨てられるのではないか」との恐怖も高まりました。「THAADの怒り」を解こうと韓国が、南シナ海問題では事実上、中国側に立ったからです(「THAADを逆手に取る中国、韓国を金縛りに」参照)。

大統領の傲慢

 韓国の現状を「孤立無援」と書いたのは東亜日報のホ・ムンミョン論説委員。記事は「米国か中国か」(8月12日、韓国語版)です。以下が状況認識を披歴した部分です。

  • 今、我々はTHAAD配備を巡り、米国か中国かの二者択一を迫られる。政府の外交政策全般にわたる乱脈をさらけ出したのだ。
  • 米国、日本とはすきま風が吹く。中国からは後頭部を殴られる。北朝鮮に対して使えるカードは何もない。孤立無援である。
  • これは「自分一人ですべてできる」という大統領の傲慢と情勢分析の失敗、戦略不在のイエスマンばかりで構成された外交安保チームの無能による複合的な作品だ。

手厳しいですね。

鈴置:私も驚きました。「外交乱脈」「大統領の傲慢」「無能」――。表現が激しい韓国紙にしても、異様な大統領批判です。朴槿恵外交の全否定と言っていい。「孤立無援」に韓国人が危機感を深めている証拠です。

過去のコメントを見る(43件)

過去のコメント

  • 「核さえ持てば……」

    如何にも近視的条件反射的な韓国人の考えそうな事ですな
    「核」を保持する事によって発生する新たな問題については何一つ考えていない
    次期戦闘機にしても「僕の考えた最強の戦闘機」地に足が付いていない
    地道に一つ一つ足固めし、組織を強化する事が出来ない
    必ず、一発逆転を狙うのも韓国人の特徴ですね
    反日卑日については、アレほど執拗に地道に組織固めの活動を続けているのに
    本当に不思議な民族ですね
    地道な努力の継続を、真の国家安定や運営に向ける事が全く出来ないんですから

  • >用日工作が紛れ込んだのではただの掲示板に過ぎなくなる。
    >明らかに不適切なコメントは選別していただきたい。

    いや、私は載せるべきだと思いますよ。というのは「本当に対日工作は存在する」ことを可視化できるから。ネットでは以前から中国系の「五毛」、韓国系の「VANK」が報酬を貰いつつ組織的かつグローバルに世論誘導を行っていると囁かれていましたが、明らかになったのは最近になってからで存在そのものを疑問視する人が大半でした。普段ネットの掲示板には触れないがここNBOオンラインのコメント欄は読む、という層がリテラシーを得るには相応しいのではないかと。

  • 旧ソ連海軍研究家アンドレイ V.ポルトフ氏によれば戦略原潜は海上からコンタクトされた場合、逃げ切ることは困難でありそれを妨害する味方の水上艦艇(空母)等を整備する必要があったと指摘していた。
    これは、核戦力を機能するためにはミサイルや運搬手段だけでなくさまざまなハードを整備する
    必要性があることを意味している。
    韓国がSLBMや原子力潜水艦の開発だけでなく様々なハードルを越えうる技術・資金があるのだろうか?
    例え成し遂げたとしても通常兵力や海洋監視機構が削減され黄海での中国海洋侵犯を阻止できないという点は変わりないのではないのだろうか

  • 韓国の良識に期待したい。オバマの演説は多分に理想論で,レームダックのかっこつけかもしれない。しかし,核が人類を自滅させる火器であり,扱いを誤れば絶滅を招く危険性を秘める。「恐怖の均衡」論に基づく「抑止」の戦略の限界と破綻の危険,トロリストの核取得活動も含めた状況の不確実化を招くことは人類の理性の目指すべき方向ではない。「核廃絶」というきれいごとを本気で目指す愚かさこそが人間の「大賢」たるを示すだろう。とはいえ,「狭き門」を目指すものは常に残念ながら少数であり,「滅びに至る門」に多くは流れてしまう。韓国が,その国民が,その指導者が「大賢」ならんことを祈る。残念ながら,わが日本も「大賢」ならざる国だろう。韓国が核武装すれば,国論が「核武装」に雪崩を打って流れていこう。その先に「滅びの門」が広々と口を開けて待っていたとしても。

  •  「中国の属国になる」というオプションがあるならば、むしろ「中国に併合される」という案は如何?中国の「南朝省」か何かになる。プライドが邪魔するでしょうが、韓国人としては喉から手が出る案かもしれません。日本としては、あまり有難くはありませんが、気持ちは楽になります。

     意見の中に「韓国をデフォルトさせる」という案があり、素晴らしいアイデアだと思いましたが、アメリカが許してくれないでしょうねぇ・・・。

  • 日韓スワップを行うのは愚の骨頂.韓国の二股外交に,慰安婦像拡散,軍艦島強制連行拡散など,韓国の反日攻勢は枚挙に暇なしというのに.日本政府と外務省は何を考えているのか? 平昌五輪まで支援したら,その後はまた中国に擦り寄り,THAAD配備撤回で終わりでしょうに.さらに,その前に中国の尖閣奪取が完了してるかも.

  • 編集部に云いたい。
    このコラムを韓国人工作員の用日工作に関する無駄なやりとりの場とするつもりか?
    このコラムは、コメントも含めて見識を持った人達の考えを聞けるコラムだと思っている。
    それなのに用日工作が紛れ込んだのではただの掲示板に過ぎなくなる。
    明らかに不適切なコメントは選別していただきたい。

  • 「自主国防ができる経済力を持ちながら・・・」へのコメントへのコメント
    日本は、海も含めば国土も広く、単独での自主国防が出来る経済力があるとまでは言いがたい。
    特に、近隣の北朝鮮、韓国、中国、ロシア、辺りは信用すら出来ないし、
    中国、ロシア、アメリカ等では軍事力やとしてだけでも脅威である。
    比較的信用できて価値観が近いのがアメリカであるという事もあり
    日本がアメリカとの同盟の上で協調するのは歴史的経緯を抜いても半ば当然・必然。

    日本の場合は、反日中国が全く信用できないのでアメリカしか実質選択肢はない。
    その点、韓国は中国には子分に思われているのか選択肢としては中国もアメリカもアリ。
    しかし、だからといって蝙蝠は信用を無くしてどちらかを選ぶより悪い結果に陥る事もある。
    そのときの強い勢力に寄り添って、そこが傾くと掌を反して叩く側に回る。
    そういう所からして、中国の属国扱いが実質彼らにもベストの落とし所と成るでしょう。
    信用の問題で実際、対等に扱っては貰えないでしょうから、
    歴史的にも反日で態度を同じとする所からして中国の僕かな。

  • ネット上で韓国を揶揄して「世界が韓国から孤立する」という表現がよく使われていますが、遅ればせながら韓国のマスコミや国民もそれに気づいたのですね。

  • 「自主国防ができる経済力を持ちながら、勇気や責任感がなく、外国に国防を依存する国家や国民~」これ、日本にも当てはまりますよね・・・・・

  • コウモリみたいな政治家と政治評論家とそれを見て右往左往する国民で形成される韓国を国として認めてまともな外交をすることは日本にとっては不可能。これから対韓国との行事は書面での依頼に誰が依頼者本人かを確認するために署名・捺印と所定の大臣または大統領の署名・捺印なしでは決して日本は行動を取らないことに摺るべき。通貨スワップ協議再開も、韓国の要請で行う旨を協議再開の覚書に英語で書き込むこと。言語が違うからという言い訳は許さない。両手を付いて頭を下げて韓国が頼んできたときだけ日本は検討する程度にとどめて於くべき。

  • 韓国人というのは理解しがたい人々です。
    自分が受けたものに対しては、勝手に被害妄想たくましく、いつまでも文句を言い続けるのに、
    自分が他国にしたことは、取り消せばチャラになると思い込んでいるように見えます。
    どの国だって、わざわざ公式に発言しないだけで、裏切られた記憶ってずーっと残っているもんなんですよね。日頃フランクを装うアメリカ人も結構執念深かったりしますよ。中国人はもっと執念深いでしょう。

    韓国の人々は、いったん決めたことを、取り消したから元の立ち位置に戻れるなんて本当に信じてるんでしょうか?
    どの国でも、裏切者は再び信用を得られない、信用を回復するために命がけの働きを見せねばならないって、全く理解できてないように見えます。

    その状態で、周りの反対を振り切って核武装しようとしたとき、北朝鮮以上に味方のいない状態で国連の制裁決議を受けそうですね。
    悪趣味な希望としては、制裁を受ける大統領が「前国連事務総長」だったりすると、反応が面白そうだなと思ってしまうのですが(悪趣味)

  • 最近は韓国人工作員の用日工作が楽しくて、このコメント欄を読んでいます(笑)

    >私は常にこの記者のコラムに共感を得ません。しかし今回のコラムは9割が無能なものでしたが1割は真実です。それは最後の一文「日本は中国韓国双方に警戒する必要がある」です。これはつまり韓国よりも日本が四面楚歌になっていると記者は言いたいのでしょう。

     絶対に違います(笑)。100%の自信があります。まあ用日工作の為に敢えて誤読しているのでしょうが、もし本気で言ってるとしたらあなたの読解能力は完全に落第点です。

    >私も同じ日本人として同意します。

     絶対にあなたは日本人ではありません。何故なら本物の日本人は絶対にそんな言い回しはしないからです。

    >米国ではトランプ氏が大統領に選任される可能性が高いということからもわかるように日本は窮地に立たされています。(トランプ氏は反日主義である。)

     最近トランプ氏は反日は封印して、韓国の為替操作や在韓米軍ばかり批判しているようですよ。もう少し最新情報に眼を通すようにした方が良いかもしれません

    >さらに中国韓国も武装面経済面をおおきく躍進させ日本に大きな圧力をかけてきます。この結果日本は大きな大きな窮地に立たされる未来は明白と言わざるを得ません。

     韓国は中国と手を組んでいると、あえて匂わせているのでしょうか。

    >私以外の方もコメントしている通り(以前そういうコメントを見つたのです)韓国と友愛の関係を結ぶ以外の平和未来はあるのでしょうか。

     だからそれは、あなた自身が以前に書き込んだものですよね?

    >このコラムを読んでいる学識高い方々なら容易に理解できる未来の道だと感じます。世界平和実現のためにも友愛の精神で韓国に接してください。

     日本語での用日工作の前に、反日韓国世論をどうにかした方が良いですよ。韓国人のレスを見てると「通貨スワップなんて、韓国が損だから絶対お断りだ!」とか言ってる人ばっかりなんですが。

  • 天才的な朴槿恵外交だって。金正恩と同じ何だね。現実が見えずに夢だけ見ている朝鮮半島。核兵器だって、夢だよ。作っても管理できないでしょう、汚職当たり前の韓国の軍隊では。

  • 韓国と友愛の関係を結べとの主張は実現の可能性を無視している(考慮していない)。

    慰安婦像の次は、強制徴用朝鮮人労働者像と手を変え、品を変え、日本を貶め、たかる動きに対して韓国人は誰も止めない状況を見ている日本人に、友愛の情を持つことが如何に困難なことか。

    まだ、核武装の方が現実的だ。アメリカは止めるだろうが。

    韓国と友愛の関係を結べなどとの主張は逆に反感を買い、逆効果であろう。

  • >私以外の方もコメントしている通り(以前そういうコメントを見つたのです)韓国と友愛の関係を結ぶ以外の平和未来はあるのでしょうか。

    上記のコメントに対するコメントです。
    こういうコメントを書く人は貴殿だけでしょう。
    一人芝居をやってもしらけるだけです。
    対日諜報活動をするなら中国の様にもう少し賢いやり方をやって下さい。

    ホワイトキック!って理解できますか?
    犬の卒倒って理解できますか?

  • >「日本は中国韓国双方に警戒する必要がある」です。これはつまり韓国よりも日本が四面楚歌になっていると記者は言いたいのでしょう。
    ええと内容きちんと読まれましたか?韓国の方ですか?四面楚歌なのは中韓の方なんですが。
    中韓だけから見れば日本は四面楚歌かも知れませんが、中韓は世界から四面楚歌ですが。
    特に韓国は中国からも見捨てられてますよね。お仲間がどこにもいない事をお分かりですか?

  •  父が磐石に設計した外交土台を娘が熱心に掘崩したような気がしないでもありま
    せん。致命的だったのは「離米」をあからさまに米国当局者と議会に気づかせて
    しまう愚かしさでしょう。でも、彼女は反省してないようです。THAADで中国に
    「拗ねてみた」だけで「任期一杯引っ張る」つもりでしょう。
     本当に路線転換を不退転の決意として示すなら、外相を更迭してるはずです

     いま、顰面しく四面楚歌だの、孤立だの大統領をこき下ろしてる韓国ジャーナ
    リストも「なら、なんで対中接近策をこれまで止めなかったのだ?」趙甲済氏は
    別として、その疑問が湧きあがります。3年と言わず、1年前の軍事パレードでも
    こうなる事態を予想することはさして、難しくはなかったはずです。なぜか?

     核兵器を持ったとしても、経済の対外依存度が高い韓国は孤立そのままの
    北朝鮮とは違った困難があると思います。あくまでも技術的困難をクリヤーして
    「持ったとして」の噺ですが。
     核でナニををしたいのか?何処に向けるのか????
    ここ10年で韓国に対する信用が低下したと私は思います。
    核兵器を持てば信用されますか? 国家の「信用」は核兵器より大事では?

  • 「日本は今や、太平洋の覇権を狙う中国と、2カ所で核武装の進む朝鮮半島の双方に同時に対応して……」

    正直、「今や」という表現には苦笑というか意外な印象を受ける。民主党政権から脱して三年、民主党政権以前からの取り組みも含めて「今や」という感覚とは随分以前から程遠い。このコラムを読む方々の多くは、なりすまして工作してる輩(日本人ですが〜と必死に繰り返すが、日本語文章は異常なものであり、内容は在日や特アの利益を望むもので終始する類いの輩)とは当然知識や関心のレベルが違うと思う。又、日本人全体もネットのお陰で容易には欺かれないようになっている。なりすまし工作の手口の知識、日本自身の安全保障についての知識も豊富だろう。SLBMについてはむしろここ10年位で勧めてきた日本の安全保障対応で強化した部門(当然米国なしでは語れないし、そこは辛いが)。海洋国であるから当然だが、朝鮮半島の二国とは比較にならない。

    政治家ではないとはいえ、この金とホいう二名は目的達成の方法論・手法やリスク・懸念については殆ど触れていないのか、鈴置氏の文章からは読み取れない。「韓国の核武装に対する国際社会の阻止などケリ飛ばす覚悟」というのは、具体的には早い段階で米軍が一個旅団やTHAAD一個中隊すら残さない撤退、中国のスワップの完全打ち切り、諸々の安全保障や経済での米中の反対位は折り込み済みという事か。朴への乱脈、傲慢、無能という評価は的確だとしても、或いは政治家ではないという事を考慮しても異様であり、稀な慣習や国民気質を象徴する記事や記者だと感じる。

    以前コラムにあったが、日本が南朝鮮と核武装について協力するような事はありえない。印国や米国との協力はあっても南朝鮮とはデメリットのみで日本にはメリット皆無だ(まあ核関係以外でもメリットなどないと思うが)。

  • 完全に余談だが、文頭の写真の意味が解らない。
    二股外交に失敗したから核兵器を持つと言う理論も滅茶苦茶な話だが、THAAD配属に反対して集団散髪って何?と思う。
    次は潜水艦配属反対で集団入浴でもするのか?
    単に床屋に行く金が無かっただけでないかい?

  • 最後で紹介の金大中氏が批判するブレジンスキー博士の三択は、もっともで、実は、日本との協力という道が選択できるようなら、日韓(および北朝鮮)にとって好都合だが、歴史的・感情的な事情もあって、不可能に近い。ただ、日本側の外交政策としては、韓国の依頼があれば期間限定の救援をするという表明を考えてもいい(ただし、コメントなどから見て、日本側にそのような政策はむずかしい)。いずれにせよ、韓国や中国がどうこうという議論をする際には、日本にとって、どれが一番中長期的に好ましいか、という観点を掲げるべきであり、「韓国の中国属国化」と「韓国の核武装化」の選択についてなら、それが韓国自身が今望ましいと考えているものと一致しないことはありえる。こういうことは、中国や米国から見ても似たような選択嗜好性はあるはずで、それぞれの国があからさまな介入はしなくても、自分たちに有利な選択を韓国に選ばせるよう、手を尽くすはずである。韓国にとっては核武装化が望ましいかもしれないが、他の国々は、その選択だけは許すまい。とすれば、現状よりも進めて、韓国の形式的な独立を担保しながら実質的な中国属国化を認めるかどうかがポイントだろう。韓国の中国属国化対策としては、日本と協力はしないまでも敵としない(つまり、韓国にとってのカードとして日本を残しておく)ことが外交的には重要だったはずだが、「慰安婦」問題やら何やらで、それができなかった。考えてみれば、韓・日の間を割くことに利がある国だってあるのである。

  • このコラムはずっと楽しく拝見しておりますが、失礼ながら、最近信憑性を疑い始めております。
    日経の記事(http://www.nikkei.com/article/DGKKASGM22H8V_S6A820C1EA2000/)にもありますが、朴大統領の二股外交の意図や今後の方向性については、もっと多様な可能性があると思います。このコラムで信頼性が低くなってきたのは、基本的に韓国紙の主張を引用し、それを事実として話を作っているにも関わらず、ある肝心な一部分では、
    「でも、「核武装は国際社会に阻止される」と金大中顧問は書いています。
    鈴置:そう書いて見せているだけでしょう。」
    のように、何も事実を示さずに曲解しています。これでは、何が事実、真実の基準か不明確となり、単に鈴置氏の主張に合うように解読しているだけでは?という疑念が出てきてしまいました。少なくともこのように言い切るのであれば、韓国記者に裏付け取材くらいはすべきだと思います。

  • 記事内容には関係ない間抜けな事を書くようですが表紙の写真の意味が分かりません。日本なら失敗したから反省を表すために丸坊主ってのはありがちですが、抗議の意思を示すために丸坊主ですか???韓国では抗議するために丸坊主が普通?日本人には分からないマインドです。それとも丸坊主の上に「反対」の意味のハングル文字を更に刈り込んで入れるのでしょうか?抗議を示すならもっと別の目立つやり方の方が良いのでは?

  • 提案があります。
    この際、日中共同で韓国をデフォルトさせて、核開発が出来ない状況に追い込むオプションというのは如何でしょうか?
    日本と中国の資本を韓国市場から撤退させて、弱り果てた韓国経済を破綻させる。
    核による朝鮮半島のコントロール不能に陥る事態を避けると言う意味では、日本・中国双方の国益に適うと思います。
    また、核のドミノ現象を避けられるという意味でも、米国の利益に合致すると思います。
    一旦、核開発が軌道に乗れば、第二の北朝鮮になって東アジアが不安定化する事を考えれば、妥当なオプションかと思いますが?

  • 「韓国の二股外交が失敗して四面楚歌に陥る」というのは、このコラムではもうだいぶ前から言われていたことで、筆者の東アジア情勢洞察のすばらしさに改めて感嘆する思いである。ところで、「韓国の核」については匿名ながらいつもこのコラムに持論を投稿しているが、改めて「核を諦めざるを得ないほどの強力な制裁措置」を「米中が韓国の核を嫌がっている間に」課すべきである。その第一歩として、入国ビザの復活と特別永住の許可取り消し、竹島の単独提訴などで「日本は韓国との間に波風が立ってでも日本の国益を追求する」態度を今のうちから示しておくべきである。

  • 感想など

    北朝鮮のSLBM発射のTVニュースが流れていますが、我が国の安全保障は既に危機的な状況にあることに加え、鈴置さんの指摘の様に韓国のリアクションを見ても、北朝鮮と(現在建潜水艦造中の韓国の)SLBM搭載型の潜水艦を完全無力化(=確実に破壊)出来る画期的な対潜兵器を二位本は、重要防衛課題と位置づけ、開発すべきと考える日本人が増えて来ているのではないかと思う。マスコミが本気で仕事をすれば、アンケートでも街角のインタビューでも、この様な国民の声は容易に、確実に拾えるはずだ。

    サヨクマスコミやジャーナリストの皆さんがSLBMの関連ニュースや南シナ海、東シナ海情勢を、今後どの様に報道するのか、相変わらず(新安保=戦争法反対)だけで誤魔化すのでしょうか?リオ五輪も終わりましたので報道姿勢やスタンスが見えやすくなってきます。国民が注意深く、あなた方をウオッチしていることもお忘れなきよう。

  • 韓国は実に奇妙な国だ。
    アメリカと同盟を結んでおり、なおかつ自国を防衛するための仕組みの導入について、
    普通なら答えは簡単に出るはずなのに、いまだに揉めている。
    恐中症なのか、それとも中国が裏で糸を引いているからなのか、それはわからない。
    とはいえ日本も沖縄の状況は、韓国のパターンと似たり寄ったりではないか。
    実に情けない。

    韓国の核武装は無理だろう。
    なぜなら日米からの経済制裁には耐えられないだろう。
    武装する前に国がお釈迦になる。
    そこまで考えているのか韓国。
    核武装もまた反射的発想でしかないぞ。

  • THAADで激怒する中国が韓国の核保有を容認してくれるとも思えないのですが 

  • 朝鮮半島が核兵器保有国になれば我が国も議論し保有しなければならない。国際社会で最も信頼性の無い特亜三国には目には目を歯には歯だ。

  • 私は常にこの記者のコラムに共感を得ません。しかし今回のコラムは9割が無能なものでしたが1割は真実です。それは最後の一文「日本は中国韓国双方に警戒する必要がある」です。これはつまり韓国よりも日本が四面楚歌になっていると記者は言いたいのでしょう。私も同じ日本人として同意します。米国ではトランプ氏が大統領に選任される可能性が高いということからもわかるように日本は窮地に立たされています。(トランプ氏は反日主義である。)さらに中国韓国も武装面経済面をおおきく躍進させ日本に大きな圧力をかけてきます。この結果日本は大きな大きな窮地に立たされる未来は明白と言わざるを得ません。私以外の方もコメントしている通り(以前そういうコメントを見つたのです)韓国と友愛の関係を結ぶ以外の平和未来はあるのでしょうか。このコラムを読んでいる学識高い方々なら容易に理解できる未来の道だと感じます。世界平和実現のためにも友愛の精神で韓国に接してください。

  • 核武装もSLBMもSLBM搭載潜水艦も絵に描いた餅。ロシアの支援でもない限り到底実現できないだろう。そう匂わすことは可能だが結局戦略が無いと戦術で策を弄しても無意味だ。その辺は北朝鮮には遠く及ばない。それに二股外交がこのような形に帰結するのは日本人なら容易に想像できそうだが韓国は違うらしい。全て夢想のお花畑理論がまかり通っているようだ。そもそもどちらの陣営にいるのかと言う基本的な所が分かっていれば軸足は自ずと分かるはずだが余程中国が怖いらしい。2つの船の間にそれぞれ足を乗せていたら船が離れた時に自分が海に落ちると言うことが分からない様だ。
    他のことはさておき防衛面だけはアメリカ側に足を乗せておくべきたった。独立した強大な軍事力を持たず兵器関係も西側なら他に手段は無い。それが分かってないからいきなり核武装論が湧いてくるのだ。仮に持ったとしても世界は北朝鮮が2つに増えたと認識する程度だろう。本当に愚かだがそれ故動向に注視する必要がある。

  • 属国に戻ると言う表現は、やや過酷すぎよう。元の地政学的安定を取り戻すと言うべきかも知れない。海洋同盟の橋頭堡になってしまったここ百年の状態が「異常」であり、やはり半島は最終的に大陸勢力の「延長」に戻らないと安定すまい。

    確かに歪な社会主義独裁国の周辺国家になることは、不愉快で不安だろう。ならば時代遅れの一党独裁政治を変革し、せめてインド程度の民主的市場経済国家になるよう、韓国は努力すべきだろう。ただし日本としては中国の民主化は、多分「ありがたくない」だろうが。
    中国大陸には現在、モンゴルと台湾の情報機関が、緻密な情報網を作っているとされる。韓国情報部も中国在住朝鮮族を組織化し、かなり大規模な情報網を作れる。それに参加国の情報機関が協働し、アメリカ機関の援助を得て、大陸を「動かす」ことも不可能ではないはずだ。
    独自核武装など、中国や米国、そしてロシアや我が日本も断固阻止するだろう。あまりにも非現実的だと思う。

  • 『「韓国の核武装に対する国際社会の阻止」などケリ飛ばす覚悟』とは…まるで日本が国際連盟脱退する直前のような様相となってきましたね。
    THAADについては、「政府としては推進したいが、民間が…」と、慰安婦問題と同様の流れになると思います。
    中国の拡張主義が頓挫しない限り、韓国の表面上は二股、水面下(?)では属国化の流れは進み続けると思われる。日本もそろそろ国民レベルで大きな方向性は議論・共有しておく時期かと。今、「中国の拡張主義と属国化する韓国」を前提とした上での安全保障のあり方を、国会議員が議論する番組を作ればすごい視聴率になりそうなんだけどなぁ

  • まさに韓国は自滅、といったところでしょうか。告げ口、悪口を散々振りまいていた外交戦略が功をなさない状況下で、対北については、経済的には絶対的に優位に立ったはずなのに、こんなことになるなんて、、といったところでしょうか。戦術がまずかった、というより戦略(二股外交)が、そもそも成立いない現実(ビルの谷間のラーメン屋ですらない自身の状況)を見誤ったからの帰結でしょう。韓国は、ほっとけばいい、と思っていたけれど、ほって置くのも日本にとってはリスクが大きくなってきた感じがする。

  • 韓国にとって中国とアメリカとどっちが怖いと聞いたら間違いなく中国と答えるでしょう。
    このコラムを読んで長いですが、韓国が米国よりにもどる選択肢があるようには正直思えません。
    だからこそ核武装という考え方が出てくるのもよくわかります。

  • 日本が韓国とのスワップを再開するような噂がでてるのと、慰安婦に
    1000万円を補償する状況になってますが、韓国のサードの配備に圧力
    をかける中国に対して、米国が日本に韓国をバックアップしろという
    要望があったのでは・・。

  • 潜水艦からミサイルを放つ能力は、ひょっとしたら北朝鮮が韓国を上回っているかもしれないのに何を呑気な議論をしているんでしょうね?
    もし韓国で核保有論が優勢になれば、今日本(海)にむけて挑発している北朝鮮の攻撃の矛先が韓国に向かうだけのことです。
    指導者が過激な言動を取るため一見目立たないものの、北朝鮮は自身が生き残るためにどう動けばいいのかを実にしたたかに考えて行動している。そしてその北朝鮮を都合よく利用している中国も然り。
    北朝鮮から見れば日本相手なら挑発しても実害がなければ遺憾の意を表明するだけなので、資本主義陣営への対抗手段として寸止めでちょっかいを出すことで中国から存在意義を見出され存続も許される。
    ただ、韓国が核兵器をもつとなると話は別。北朝鮮は複数の国と同時に戦う体力はありませんから、当然韓国だけを見据えて心理攻撃をしかけてくることでしょう。
    北朝鮮の想定敵に自ら名乗り出てくれるようなものですし、北朝鮮からの挑発に時の韓国政府が耐えられ続けるか。ホント考えなしの愚かな国としか思えません。

  • もはや亡国の危機的な状況というのに、国内でまとまれない韓国。
    分不相応な高さにいようとしたり、絶対に自分からは折れない性格が個人ではなく国レベルなんだから、こんな状況にならない方が有り得ないでしょう。
    韓国のメディアも今更ですね。たった一人、匿名の某氏を除いてまともな見識を持った者がいなかったことは悲劇です。
    このままいくと韓国が中国の一部になるのは避けられそうにありませんが、日本はそうなったときに備えるシナリオが必要でしょうね。

  •  THAAD配備は、絵に描いた餅になると予測されておられますね。度々こちらに書いておりますが、配備に数千億円もかかるTHAADを、予算削減中の米国と経済が悪化しているのに北朝鮮のように核兵器を開発し3000トン級の潜水艦を完成させようとしている韓国の双方が負担するのは難しいと思います。我が国は、韓国が中国の属国に戻る可能性も視野に入れて対策を練るのが良いようです。

     鈴置さんが、「孤独を癒すにも最終兵器が要る」と書かれたのは韓国と朴大統領の国柄・人柄についてですが、問題解決が核兵器一つあればと考えてしまう韓国は間違っていると思います。でもその間違った解決手段を、なぜか選んでしまいそうな気がして仕方がありません。

  • 韓国は極東のスイスやフィンランドを目指しているようですが、
    スイスは中世時代にその自治のために全国民が外敵に対し容赦なく殲滅する恐ろしい戦闘力ゆえに、ヨーロッパ中の強国が大金を出してスイス傭兵を求めるようになったり(今でもローマ法王の護衛兵は伝統的にスイス兵となっていますし)
    フィンランドは冬戦争でシモ・ヘイヘやマンネルヘイム将軍などの奮戦により、数的に圧倒していたロシアの赤軍を大いに苦戦させた歴史がありますからね。

    これまで歴史的にろくな戦績がない朝鮮が、これらの国と同じような軌跡を歩めることには大いに疑問がありますね。

  • 核を持ったとしたら更に米中から圧力がかかるでしょうに。

  • 中国の経済制裁が怖い韓国が日米欧中から経済制裁されることになる核武装をするでしょうか?核武装しなくて中国の属国になる選択と、核武装して第二の北朝鮮になる選択ならどっちを選ぶかです。まぁどっちもどっちですが、属国化の方がいいのではないかと思います。半万年属国という元の鞘に戻れるのですから(笑)

  • このシリーズを当初から積読しています。
    現状の当方の見立ては下記の様になります。

    朝鮮半島の非核化は中国主導で出来ますから心配しなくて良いです。
    前提として韓国が中国の属国になる事ですが恐らくこのまま行けばそうなるでしょう。
    韓国は太平洋戦争の戦後にアメリカによって独立させてもらった国家です。
    今度は中国によって統一させてもらう順番です。
    統一された暁には中国は南北両国から核を取り上げるでしょう。
    言う事を聞かなければ核開発を行った関係者を皆殺しにするくらいは中国はやると思います。
    そうしなければ北京が危なくなります。
    北から核が無くなればアメリカは韓国を中国に差し出すくらいはやると思います。
    問題は南シナ海を中国の内海にして良いのか悪いのかという事です。
    ベトナムは中国の属国になるつもりはサラサラ無く独立志向の高い国家です。
    海側にいるはずのフィリピンの腰が定まらないのが難点です。
    此処は日米共同で何が何でもこちら側に引き付けておかないとマラッカ海峡が通行不能になりシーレーンがおかしくなります。
    韓国の識者はあの手この手で日本にすがろうとするハズです。
    しかし、日本は韓国を見殺しにする覚悟が必要です。
    勿論最前線となる対馬の軍事要塞化は必須の要件です。
    日本は憲法を改訂し戦える国にしておかなと国体の維持が困難になります。
    彼らには自国の将来を自分で決める能力も覚悟もありません。
    国民性とか地域性とかいうものは1000年や2000年で変わるものではありません。
    中国の属国が朝鮮半島のニュートラルポジションです。
    一方のアメリカは国力の衰えで二方面作戦を維持出来なくなっています。
    シェールオイルがあれば中東オイルの依存度が下がりますのでアメリカは中東を切り捨てるかも知れません。
    アジアに軍事能力を集中してくれれば良いのですが最悪はその反対でアジアを見捨てて中東に行ってしまうことです。
    杞憂に終われば良いのですが・・・

この記事は…?

参考になった

投票

参考にならなかった

投票