揶揄された中央日報

保守系紙ながら、配備拒否を唱えていた中央日報はどう書いたのですか。

鈴置:そこに注目が集まりました。中央日報は最も親中的であり、かつ最も朴槿恵政権に近いとされる新聞です。THAAD配備を巡り、中国と朴槿恵政権が対立すればどちらの味方をするのか――と誰しも思います。

 親米保守の趙甲済(チョ・カプチェ)ドットコムも、配備の発表直後に「明日の中央日報社説が気になる」(7月8日、韓国語)という見出しの記事――揶揄を載せました。無署名の記事でした。要点は以下です。

  • 今日、韓米両国が配備を決定したことに対し、中央日報はどう書くのか。「それでもTHAADは放棄すべきだ」と言うのか「我々の判断が誤っていた」とするのか、あるいは「配備はあくまで中国の了解を得るべきだ」と主張するのか?

 「正解」は3番目でした。中央日報は翌7月9日の社説「THAAD韓国配備……精巧な管理で副作用の最小化を」(日本語版)で「まず、中国とロシアの反発を払拭することが急がれる」と主張したのです。

 7月11日の社説でも「THAADの配備に先立ち中国の説得に最善を尽くすべき=韓国」(日本語版)と訴えました。中国が「ウン」と言うわけはないので「配備はするな」と言っているのと同然です。

国論は分裂へ

さて、配備は粛々と進むのでしょうか?

鈴置:韓国でも難しいと見られています。予想されたことですが、配備予定地域の住民が反対運動に乗り出しました。THAADを構成する強力なレーダーが健康被害を起こす、との理由です。

 7月15日、黄教案(ファン・ギョンアン)首相と韓民求国防部長官が配備に関し了解を求めるために予定地の慶尚北道・星州を訪れました。しかし、3000人の反対派に取り囲まれ、バスの中に6時間も閉じ込められました。卵やペットボトルも浴びました。

 保守系紙は北朝鮮に近い運動家が星州に入り込んで騒ぎを大きくしていると一斉に報じています。国を挙げての「保守対左派」の対立に膨らむ可能性が出てきました。

 野党の国会議員の中にもTHAAD配備に賛成する人がいます。このため最大野党の共に民主党は配備そのものには反対せず、決め方の不透明性を批判するに留めていました。

 しかし、反対闘争が長期化するなど対立が激しくなれば、それに引きずられて同党は配備自体に反対の姿勢に転じるかもしれません。

次ページ 5つの対韓制裁