「撤回しないと後が怖いぞ」

 習近平主席との電話会談と同様に、中国への特使も韓国の「従中」加速を予感させるものとなりました。

 5月19日に習近平主席と会った李海瓚(イ・ヘチャン)元首相はTHAAD問題に関し以下のように語ったのです。聯合ニュースの「習近平と李海瓚特使が会談 『韓中関係を重視』で一致」(5月19日、韓国語版)から引用します。

  • 韓国は中国の重大な憂慮を十分に理解し、両国関係の問題を上手く処理すべく、中国との緊密な意思疎通を望んでいる。

 韓国の姿勢は大きく後退しました。朴槿恵政権は「THAADは中国に害を与えるものではない」と主張していました。それが「中国の憂慮を理解」に変わったのです。

 さらには「上手に処理すべく緊密な意思疎通」と、これに関する話し合いに応じる姿勢を打ち出したのです。

 朝鮮日報が社説「四面楚歌という安保の現実を示した米中日トップとの通話」(5月12日、韓国語版)で「外国が我が国の軍事主権に介入する道を開く」と懸念していた通りに動き始めたのです。

 韓国が譲歩を始めたのは中国の圧力が増したからでしょう。5月24日になって朝鮮日報が「中国政府が特使団を徹底的に脅した」とすっぱ抜きました。「中国が『THAADを撤回せよ』と李海瓚特使を追い詰めた」(韓国語版)です。以下、要旨です。

  • 李海瓚特使が中国から「THAAD配備の完全な撤回」を強力に要求されたことが23日、分かった。「THAADは中国の脅威で正当な利益を阻害する脅威だ。実質的な措置(撤回)がなければ中韓関係は困難になる」と特使団に語ったという。
  • 「THAAD撤回により中国の民心をなだめなければ(報復問題も)解決しない」「中国とのいい関係があって初めて韓国は生きていける」といった趣旨の発言もあったようだ。撤回しなければ後が怖いぞ、と暗示もしたという。

ロッテ株が急騰

予想された脅しではないですか。それでも「特ダネ」なのですか?

鈴置:韓国人はなぜか「中国は反米政権に転じた韓国を可愛がってくれるはず」と信じ込んでいたのです。5月14、15日に北京で開かれた「一帯一路」会議に韓国政府代表が突然に招かれたうえ、習近平主席が短時間ですが、接見してくれたこともあったからでしょう。

 5月17日の韓国証券市場では化粧品メーカーやホテル、百貨店などの中国消費関連株、それに中国で苛められているロッテ・ショッピングの株式が急騰しました。韓国経済新聞が「KOSPI、機関投資家の売りで下落 為替も下げる」で報じました。

 「韓国人の妄想」が度を越したと見たのでしょう。朝鮮日報の李吉星(イ・キルソン)北京特派員が「THAADの真のヤマ場はこれからだ」(5月19日、韓国語版)を書きました。

  • 早々と「THAAD報復緩和」への期待感を高め、中国関連の株が高騰している韓国は、冷静になる必要がある。文大統領と新政権に対する習主席の好感と歓待が、前向きなシグナルであることは間違いない。
  • しかし、時として、ほほ笑みは鞭(むち)よりも恐ろしいものなのだ。習主席の笑みや、このところTHAAD報復が緩んできているかのような印象を与える中国国内の雰囲気は、結局のところ「THAAD撤回」を狙っている。

次ページ 岸田の口は封じた