トランプこそが戦争勢力

南北はなぜ、メディアを誘導したのでしょうか。

鈴置:「北朝鮮が本気で非核化を目指している」との錯覚を世界に拡散する目的です。米朝首脳会談を開けば、トランプ(Donald Trump)大統領がぎりぎりと「非核化」を突くのは確実です。

 北朝鮮が言い逃れをすれば、トランプ政権は軍事行動に出る可能性が高い(「しょせんは米中の掌で踊る南北朝鮮」参照)。

 それを防ぐ数少ない手法が「南北が対話を通じ、非核化なり平和に向け前進している」とのイメージを世界に植え付けておくことです。上手に持っていけば「トランプこそが戦争勢力」との空気を世界に広め「米国の暴走」を防げるかもしれません。

トランプ政権が国際世論に屈するでしょうか。

鈴置:分かりません。でも、南北にとって他に手がないのです。今回の板門店宣言では「完全な非核化」という世論工作に加え、もうひとつ術策を繰り出しました。

 「南北と米国の3者、あるいは南北と米中による4者協議の開始を推進する」ことでも合意しました。目的は「朝鮮戦争を終息させ、停戦体制を平和体制に変更するため」とうたっています。

 3者会談にしろ4者会談にしろ、会談が開かれることになれば「非核化も多者会談で話し合おう」と南北は言いだすつもりでしょう。要は、米朝首脳会談で「非核化」を論議するのを避ける作戦です。

●朝鮮戦争年表
1950年
1月12日 米国、アチソン声明を通じ「韓国は防衛線の外側」と示唆
6月25日 北朝鮮軍が38度線を南進し勃発
6月27日 国連安保理、北朝鮮への非難決議採択
6月28日 ソウル陥落
7月7日 国連軍結成
9月15日 仁川上陸作戦
9月27日 米海兵第1師団、ソウル奪回
10月2日 中国「米軍が38度線を越えれば参戦」とインドを通じ警告
10月9日 米第1騎兵師団、38度線を越北
10月19日 中国人民志願軍、鴨緑江を渡河
10月26日 韓国第6師団、鴨緑江に到達
12月5日 中朝軍、平壌を奪回
1951年
1月4日 中朝軍、ソウルを奪回
3月15日 韓国第1師団、ソウルを奪回
4月11日 マッカーサー、国連軍総司令官など全ての役職から解任
6月23日 ソ連、休戦協定の締結を提案
7月10日 開城で休戦会談を開始
1953年
1月20日 アイゼンハワー大統領就任
3月5日 スターリン死去
7月27日 休戦協定締結

金正恩は気さくな人

韓国の保守は板門店宣言を認めるでしょうか。

鈴置:北の核武装を認めることになりかねないので、保守派は全力で反対するでしょう。ただ、韓国人はムードに弱い。

 各放送局は今回の南北首脳会談を極めて前向きに報じました。韓国政府のキャッチフレーズ「平和、新しい始まり」のノリそのものでした。

 金正恩(キム・ジョンウン)委員長に対しても「予想外に気さくで柔軟な人だ」との評価を語る解説者がほとんど。「叔父と異母兄を殺しました」などと語る人は私が聞いた限り、いませんでした。

 若くてはつらつとした李雪主(リ・ソルジュ)夫人も板門店にやってきて、文在寅(ムン・ジェイン)大統領夫妻と楽しげに談笑しました。この光景を見た普通の韓国人は、総じて板門店宣言を評価することになると思います。

 アンケート調査でも、南北が平和協定を結ぶことに賛成と答えた人が78.7%もいます。反対は14.5%でした。リアルメーターという調査会社が4月18日に調査した結果です。

次ページ 米国は誇りに思う