「板門店宣言」署名後に喜びを表現する両首脳(写真:代表撮影/AP/アフロ)

前回から読む)

 4月27日、板門店で開いた南北首脳会談は米国の空爆を防ぐための「平和ショー」だった。

広報作戦に乗せられた

韓国と北朝鮮は「完全な非核化」を約束しました。

鈴置:南北首脳会談後に発表された共同宣言――板門店宣言に「南と北は完全な非核化を通じ、核がない朝鮮半島を実現するとの共同の目標を確認した」という文言が入りました。

 このため韓国はもちろん、日本でも北朝鮮が非核化に応じたと受けとめる人が出ました。が、「完全な誤解」です。

 北朝鮮はこれまで何度も「非核化」を約束し、すべて破ってきました。それを信用するのはお人好しです。

しかし日本のメディアは首脳会談の前から「非核化の約束を文書化できるかがカギ」と報じてきました。

鈴置:韓国の広報作戦に引っ掛かったのです。青瓦台(大統領府)の任鍾晳(イム・ジョンソク)秘書室長は4月26日「(北朝鮮の)非核化の意思を明文化できれば、今回の会談は成功と考える」と語りました。

 聯合ニュースの「任鍾晳『北朝鮮の非核化の意思を明文化すれば会談成功』」(4月26日、韓国語)などが報じています。

 北朝鮮がこれまで破ってきたすべての約束は「明文化」されていたものです。だから噴飯ものの主張です。が、多くのメディアがこの「明文化すれば成功」論に沿って記事を書いたのです。

 例えば、朝日新聞の4月27日付のいわゆる「前触れ記事」の見出しは「完全な非核化、焦点 きょう南北会談 『板門店宣言』目指す」でした。

 この記事を読んでいた人は板門店宣言を見て「南北首脳会談は成功した」と考えたに違いありません。韓国政府はもちろん北朝鮮も「メディアなどちょろいものだ!」とハイタッチしているでしょう。