3月6日夜、米軍はTHAADの機材を韓国に持ち込み始めた(提供:U.S. Force Korea/AP/アフロ)

前回から読む)

 中国が韓国に対する経済制裁に乗り出した。韓国は耐えられるのだろうか。

始まった「韓国イジメ」

「中国がイジメる!」と韓国人が騒いでいます。

鈴置:在韓米軍へのTHAAD(=サード、地上配備型ミサイル迎撃システム)配備が始まりました。THAADの配備予定地は慶尚北道・星州(ソンジュ)のゴルフ場です。

 2月27日にゴルフ場の所有者である韓国ロッテグループが軍用地との交換を役員会で決めました。翌28日に韓国軍と正式に契約。韓国軍がゴルフ場を米軍に提供します。

 THAAD配備を拒否するよう、韓国に圧力をかけてきた中国の面子は丸つぶれ。さっそく、韓国への報復に乗り出したのです。

広がるロッテの営業停止処分

 真っ先に標的となったのはロッテグループでした。中国で展開する量販店「ロッテマート」4店舗が消防法に違反したとして3月5日までに、1カ月間の営業停止処分を受けました。

 遼寧省丹東市の2店舗、浙江省・杭州市と江蘇省・常州市のそれぞれ1店舗です。韓国経済新聞の「滅茶苦茶な中国のTHAAD報復・・・ロッテマート4店が営業停止」(3月5日、韓国語版)が報じています。

 聯合ニュースの「中国『反ロッテ』波状攻撃・・・対策に決め手欠く韓国政府」(3月6日、韓国語版)は、6日までに営業停止処分となった店舗が23カ所に及んだと報じました。

 ロッテマートは中国全土に99店舗あります。2016年11月から消防法や食品安全法による中国当局の検査を受けていました(「中国が操る韓国大統領レース」参照)。

 「THAADの用地を提供したら営業停止にするぞ」との警告です。中国は今、それを発動したのです。

 3月2日にはロッテ免税店のウェブサイトがサイバー攻撃を受け、一時的にダウンしました。韓国メディアは韓国ロッテのキャンデーが「ビタミンEの成分が規制に違反した」として中国の検疫当局により廃棄処分にされたと報じています。