米韓同盟を破棄せよ

 ただ、そんな南北の見え透いたトリックに米国は乗せられないだろう。コーツ(Daniel Coats)米国家情報長官も3月6日、上院軍事委員会の公聴会で、非核化に向けた北朝鮮との対話進展の可能性について「非常に懐疑的だ」と証言。さらに「北朝鮮が核放棄に応じることを示す兆候はない」と述べた。

 「北朝鮮に非核化の意思はある」と鄭義溶・室長は語ったが「軍事的な脅威が解消され、体制の安全が保障された場合」と条件が付いている。

 要は「米韓同盟をやめろ」との主張であり、米国が直ちにそれを受け入れる可能性は低い。仮に、米国が韓国との同盟打ち切りと北朝鮮の核放棄の取引に応じたとしても、韓国の保守派が抵抗することは確実だ。

 いずれにせよ、米韓同盟の打ち切りには時間がかかる。その間に北朝鮮は米国東部まで届くICBM(長距離弾道弾)を開発する。

裏目に出る米朝対話

 北朝鮮との融和を進める文在寅(ムン・ジェイン)政権に対し、韓国の保守派は危機感を募らせる。

 朝鮮日報は南北首脳会談の発表に先立つ3月5日、スェミ・テリー(Sue Mi Terry)CSIS上級研究員の寄稿「下手な米朝対話は逆効果だ」(韓国語版)を載せた。以下がサブ見出しである。

  • 北が今、米国との対話に応じるなら、核能力向上の時間稼ぎ
  • 韓国を「最大に圧迫」 制裁の最も弱い輪と見なす
  • 北の核開発を阻止してこそ、米朝の建設的な対話は可能

 米朝の仲介役を買って出た文在寅政権に対し、それが逆効果になる可能性が高いと警告した。テリー上級研究員はこう説明する。

  • 今のところ米国が北朝鮮への「最大圧力」戦略を修正したとの何の兆しもない。もし今、米政府関係者が北朝鮮側と会ったとしても、その唯一の目的は警告を伝えるためであろう。
  • また米国は北朝鮮に対し、本当に核開発計画を放棄する意思があるのかを質すであろう。北朝鮮が否定的に答えたり回答を拒否した場合、米朝対話はその瞬間に終了し、緊張はますます高まるであろう。

次ページ 「非核化」を唱え「最後通牒」封じ