全2218文字

【結論】
「事故物件を借りちゃった人の末路」から言えること
不動産(「お金」の一種)所有の一大リスク…それは事故物件化

 本編はあくまでフィクションですので、主人公である沼田遼の行動(例:出会って間もない亡霊に誘われて事故物件に引っ越してくること)や、ホラー映画風のエンディングなど、荒唐無稽な部分もあるかと思います。

 個人的には心霊現象の有無にも興味がないわけではありませんが、書籍『宝くじで1億円当たった人の末路』の著者として本章で言いたいのは、不動産所有のリスクについてです。

 持ち家のリスクにはいくつかありますが、中でも大きいのが「災害による資産価値の急落」です。

 そして実はこれからの時代、災害に加えてもう一つ、不動産価値が急落するある要因が社会全体で顕在化していくことが確実になっています。それは、事故物件化です。

 自殺や殺人、火災などで人が死亡したなど、心理的瑕疵(心理的な欠陥)がある部屋の貸し主(大家)は、借り主(入居者)に対して、その事実を告知する義務があります。それに伴い、投資用マンションなどの場合、家賃を下げざるを得ず、資産価値は劣化します。

 持ち家にしても、事故物件と認定されれば、手放す際に購入価格以上の金額で売るのは難しいでしょう。

 「自殺や殺人なんてめったに起きない」と思う方もいるかもしれませんが、不動産関係者の中には、「殺人」「自殺」「死者を出した火災」などに加えて、「孤独死」が発生した部屋を事故物件と定義するような動きがあります。

 高齢化が急速に進んでいる上、2040年には単身世帯が約4割に達すると言われる孤立社会ニッポン。今後、孤独死の数は増えこそすれ減ることはなく、それに伴い事故物件も増えるでしょう(ならば、孤独死の可能性が高い高齢者には家を貸さなければいいのではとの指摘もあると思いますが、それをやってしまうと不動産ビジネスが、これからの日本では成立しなくなるでしょう)。

 今後の日本では、事故物件は増えざるを得ない。