MaaSは観光立国に必須の要素となる

東日本旅客鉄道(JR東日本)、ジェイアール東日本企画、東京急行電鉄は、19年春に静岡県・伊豆エリアで「観光型MaaS」の実証実験を計画している(参考記事「<a href="https://trend.nikkeibp.co.jp/atcl/contents/watch/00013/00120/" target=_blank>観光型MaaS 東急×JR東日本×楽天のタッグで実証実験へ</a>」)
東日本旅客鉄道(JR東日本)、ジェイアール東日本企画、東京急行電鉄は、19年春に静岡県・伊豆エリアで「観光型MaaS」の実証実験を計画している(参考記事「観光型MaaS 東急×JR東日本×楽天のタッグで実証実験へ」)

 製造業が以前のように雇用を生まなくなった今、地域にとって期待が持てる成長産業は観光しかない。これといった観光資源がないエリアでは、観光振興は見果てぬ夢と思うかもしれない。しかし、観光庁が実施している「訪日外国人消費動向調査」からは、違う現実が見えてくる。外国人は、必ずしも名所旧跡などの、いわゆる観光地を求めているわけではない。

 観光庁が発表した「訪日外国人消費動向調査(2017)」の中で、「今回したことと次回したいこと」という項目を見ると、「日本食を食べること」は「今回したこと」としてほぼ100%の外国人が挙げているが、「次回したいこと」になるとおよそ半数になる。つまり、日本食を食べることは、一度体験すれば十分と考える人が多いのである。「日本の酒を飲むこと」「繁華街の街歩き」「ショッピング」「自然・景勝地観光」も同じ傾向だ。

 逆に「今回したこと」より「次回したいこと」のほうが大幅に増えているものは、「スキー・スノーボード」「自然体験ツアー・農山漁村体験」「四季の体感」「映画・アニメ縁の地を探訪」「舞台鑑賞」「その他スポーツ」などである。一通りの日本観光を体験した外国人は、次はより日常的なもの、日本の原風景につながる根源的な体験を求めていることが分かる。

出典:観光庁「訪日外国人消費動向調査(2017)」
出典:観光庁「訪日外国人消費動向調査(2017)」