ポルシェの「やりすぎ工場」キーマンに聞く

人材育成のために、E-ラーニングをはじめ、実作業に関しては実践形式で行うシュミレーターが組まれた部屋があり、また図のようにアッセンブルやボディショップなどそれぞれ4つの部門で資格を取得しはじめてここで働くことができる。作業員の負担軽減のために、ラインの高さ、動線などを改善する一方で、地元のライプティヒ大学とともに人間工学的に優れた作業姿勢を研究しているというのがなんともポルシェらしい
閉じる