(前半から読む

 ポルシェのライプツィヒ工場を取材した感想は、「ここまでやるか」だった。最新のボディショップがすごいのはもちろんだが、手作業によるボディ確認工程はアストンマーティンさながらだ。台数も少なく価格も高いアストンならまだしも、(もちろん絶対価格は安いものではないが)日本でも1500万円以内で買える“量産車”としては、キュービングを用いたチリの精度を含め、異例のクオリティだろう。

塗装前、そして塗装後もフィーリンググローブと呼ばれる白い手袋を付け、手で触ってボディチェックをしている。詳しくは前半参照(写真提供:ポルシェジャパン 以下同)

 ボディショップの責任者に「このやり方を本当に続けるのか」と尋ねると、「将来的には部品レベルで精度を上げて、より効率化を図っていく」と当然の如く答えた。ここからは、パナメーラのボディショップのゼネラルマネージャー、クリストフ・ベアハルター氏へのインタビューを読んでいただこう。

ポルシェ ライプツィヒ工場 パナメーラ ボディショップ ゼネラルマネージャー、クリストフ・ベアハルター氏

 クリストフさんの略歴を教えてください。これまでもずっと生産部門にいらしたんですか?

クリストフ:そうです。生まれもポルシェ本社のあるシュトゥットガルトの近くで、今年でポルシェに努めて25年になります。

 最初は本社の生産部門に配属されました。そのあと、シュトゥットガルトのボディショップにいて、カイエンを作ることになった際に、ボディショップの導入計画を担当しました。2000年にここライプツィヒに工場を作ることになり、立ち上げからずっといます。初代パナメーラのプランニングやマカンの導入、その後、この新型パナメーラのボディショップのプロジェクトを開始しました。いまライプツィヒには使う技術や素材、規模も異なるマカンとパナメーラの2つボディショップがありますが、私はパナメーラの方を見ています。

 ボディショップの肝は「MSB(※注)」だと思いますが、導入に際して一番大変だったことはなんですか?

MSB:大型FR(フロントエンジン・リアドライブ)車用の新しいモジュラーコンポーネント。ボディサイズに対してフレキシブル性があり、最初からロングホイールベース版(エグゼクティブ)や、登場が噂されるショートホイールベース版にも対応が可能となっている。またプラグインハイブリッドのような、モーターの追加で重量がかさむことも視野に強化版モジュールが用意されている。VWグループにおいて、このセグメントのものはポルシェが開発を担い、のちにベントレーなどに展開される予定となっている。

クリストフ:最大のチャレンジは、新しい製品、新しい工場、新しい製造ライン、そして新しい人材を育成し、全てを統合することでした。プラントを作り、ラインが正しく動き、作業員をちゃんとトレーニングすること。そして新しい結合技術など、全てが挑戦でした。人の採用や研修、新たなプロダクションラインの導入、品質管理、メンテナンスなど、さまざまな部署と連携しながら、それらすべてを同じ方向に進めていくのが私の仕事です。

ボディショップの工程で時間が掛かる

 この新しいボディショップを始めるに当たって、どれくらいの人を採用して、どんな体制で生産しているのですか?

クリストフ:まず約200人を採用して、現在は1シフト制で稼働しています。更に品質管理やメンテナンスなどで160人ほどを採用していて、合計で約450人くらいいます。状況的には今、1.5シフト体制が組める状態になっていて、将来的には、これから雇用を増やして育成して、約800名で3シフト体制を組む予定です

 現在、1日に何台のパナメーラが作れるのですか?

クリストフ:今は60台ですね。年末には90台、来年は2シフト制で140台/日になる予定です。

 そしていずれ3シフト制になれば?