上海万博の会場になる場所でビルを取り壊す農民工たち(2005年、写真=山田泰司)

 20年ほど前まで、私が知っている「中国人」は、台湾人か香港人、あるいは世界各地に腰を据えた華僑だけだった。香港に住んでいた1993年から1995年ですらそうだった。中華人民共和国のパスポートを持つ中国人と知り合うようになったのは、アメリカのボストン近郊に移住した1995年以降だ。彼らの多くは、大学院で学ぶために渡米してそのままこちらで仕事を得た人たちだった。

 私が住んでいるのは、家族あたりの平均年収が2000万円を超える、アメリカでも裕福な町だ。最近では、中国本土からの移民が激増している。彼らは、ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学の教授、ITやバイオ企業の管理職であり、中国系移民のコミュニティでも「成功者」とみなされている。自分自身の成功の秘訣である「教育」を重視し、わが子にも有名大学への合格を要求する。公立学校での競争を激化させる存在として、ときに、ほかの親たちから問題視される存在でもある。

 初期に私がこの町で知り合った中国人は、十代のときに文化大革命(1966~76年)を経験し、その記憶が薄れないうちに渡米した人たちだ。だから、「必死に勉強して、良い大学に行って、良い職業を得る」ことを成功とみなし、それに最適な場所がアメリカだと考えている。中国人コミュニティで交流するだけの人もいるが、新しい故郷であるアメリカ社会に溶け込む努力をしている人も少なくない。

 このような中国系アメリカ移民一世ではなく、チャイナタウンに住む華僑でもない中国人を私が初めて見かけたのは、2004年に家族旅行をしたフランスでのことだった。

 ベルサイユ宮殿内の見学は一方通行の順路で、順番を待つ人の長蛇の列がある。それなのに、逆戻りして多くの人に迷惑をかけている団体がいた。フランス人が眉をひそめて「ウララ!」と睨んでいるのは、どうやら中国からの観光客のようだ。駐車場には中国語がついた大型バスも並んでいた。

 それを見て、私は1984年に一人で歩き回ったパリのことを思い出した。オフシーズンのノートルダム寺院で、ヴィクトル・ユーゴーの小説を想像しながらゆっくり寛いでいたところ、ガヤガヤうるさい団体がなだれ込んできた。それまで静かに見学していたフランス人たちは、「ウララ!」と憤慨したように寺院を出ていってしまった。彼らが「ジャポネよ」と呆れたように囁き交わしたのは、日本人の団体観光客だった。

 第二次世界大戦後の高度成長期を終え、バブル景気を迎えようとしていた時期の日本では、庶民でも簡単に外国旅行ができるようになっていた。それと同じように、中国の庶民も外国旅行ができるようになったということなのだ。中国の変化を、このとき実感した。

 それから13年の間に、中国はさらに変わった。

 以前は日本で留学生招致の説明会を行っていた某アイビーリーグ大学は、あまり留学生が来ない日本での説明会をやめ、中国で2カ所行うようになった。

 中国からの留学生が増えただけではない。彼らは驚くほどリッチになった。

 娘のボーイフレンドの大学時代のルームメイトは、寮のベッドに何万円もするサテンのシーツを使い、週末にはニューヨークまで行って何十万円もの買い物をしたという。「何百ドルもする名前も知らないような保湿ローションを10本くらい一度に買い込むんだよ!そんなアメリカ人の男子学生には会ったことがない」とよく話題になっていた。

 むろん留学生全員がそうではないが、リッチな中国人留学生の驚くような逸話はあちこちから聞こえてくる。どうやら、最近お金ができた親たちが、ひとりっ子にすべてを費やしているようなのだ。

 1980年代後半に住んでいた表参道にある三宅一生のショップを、昨年久々に訪れたところ、表参道全体が賑わっていて驚いた。話を聞くと、「中国からのお客様なんです」と言う。そこで知ったのが中国人観光客による「爆買い」という現象だった。これも、1980年代のパリでの日本人観光客を連想させる。