皮膚から薬を投与する経皮吸収型の投薬技術が進化している。痛みや副作用が少なく、体への負担が軽いなどの利点を持つ。痛くない注射針「マイクロニードル」も本格的な実用化への道が開けつつある。

 風邪をひくなど、病気にかかったりした際、体内に薬を送り込む方法はいくつかある。ぱっと頭に浮かぶのは、薬を飲む経口投与や、点滴など注射による投与。しかしここ最近、薬物を皮膚の表面から投与して血中に導入する投薬技術、「経皮吸収」が実用化へ向け進化を遂げている。

 肌に400個の穴を開け薬を投与──。こう聞くと、思わず顔をしかめたくなる方が大半だろう。しかし、「実際はほとんど痛みを感じません」。こう話すのは、日東電工のメディカル事業部ビジネス開発部の西尾信彦課長。同社では現在、熱で皮膚に穴を開け薬を投与する「マイクロポレーション」と呼ばれる技術の開発を進めている。

 使用するのは、手に収まる大きさの小さな機器。金属のプレートを肌に押し当て電気を流し、皮膚の表面上に多数の小さな穴を開ける。それらの穴を覆うように、薬剤を染み込ませたばんそうこうのようなテープを貼り、穴を通じて体内に薬を浸透させる。

●肌に浅い穴を開け、そこから投薬

機器に搭載された金属プレート部分を、肌に直接当てる。ボタンを押すと瞬間的にプレート部分が発熱して、表皮の角質層に微細な長方形の穴が開く。機器は手で持ち運びができる小型サイズ
表皮の角質層(10~30マイクロメートル)を突き抜ける程度の深さの穴が開く。最大400個開けることが可能。痛点に届かないため痛みはない
穴を開けた箇所に、薬剤が入ったパッチを貼る。穴から染み出した体液がテープ内の薬剤を溶かし、溶けた薬剤が真皮を流れる血管に到達