今回発表されたVISION COUPEは、2015年に発表したビジョンモデル「RX-VISION」の対となるモデル。2台のビジョンモデルは、次世代の魂動デザインの凛と艶を具現化したもので、凛がVISION COUPE、艶がRX-VISION。その特徴は、それぞれのデザインによって明確に表されている。

もうひとつのビジョンモデル「RX-VISION」(左)とVISION COUPE。それぞれ「艶(えん)」と「凛(りん)」を表現
RX-VISIONはロータリーエンジンを積むスポーツカーとしてデビューするのか

 スタイリンクでいえば、フロントからリアまでが1つのラインで描かれたVISION COUPEは直線的。RX-VISIONは、柔らかで曲線的な印象だ。VISION COUPEはボディショルダーいっぱいに硬質で研ぎ澄まされた光を映すが、RX-VISIONが映す光は、ボディ側面で柔らかくZ字形に移ろう。カラーリングは、VISION COUPEが硬質でシャープな印象のマシーングレーの進化系。RX-VISIONはブランドカラーとして使われてきたソウルレッドの進化系で艶やかなレッドを採用している。

 イベントに登壇した前田育男・常務執行役員は、「我々の魂動デザインは哲学。普遍的なものとして継承していきたいし、伝統というレベルまで将来的には持っていきたい」と語った。

 さらに、「日本には古代から崇高な美意識がある。その多くは、シンプルな美。引き算の美学の上に成立している。現在では、モノが語りすぎ、環境を壊していると感じることも多い。そこに一石を投じるために、美意識の根底をクルマで表現し、世界に発信していきたい。VISION COUPEで、新たなエレガンスを表現した」と続けた。