4月の熊本地震では震度7の地震が繰り返し発生し、大きな被害をもたらした。懸念されている南海トラフ地震では「長周期地震動」への対策が急務となっている。大手ゼネコンが中心となり、地震の揺れを抑える制震装置の開発が進んでいる。

(写真=背景:Kodansha/アフロ)

 4月に発生した熊本地震では、従来の地震対策の想定が覆される事態が起きた。日本での観測史上初めて、同一の地震活動で震度7を2度観測したのだ。人命と建物に甚大な被害が出たことを受け、耐震基準の見直しが必要との指摘も専門家らから出始めた。

 被害をもたらすのは、強烈な揺れだけではない。近い将来に発生する可能性がある南海トラフ地震では、数秒から十数秒の周期で大きく揺れ、特にビルの上層階を大きく振動させる「長周期地震動」への対策が急務だ。

 長周期地震動では特に高層ビルでの被害が予想されるため、大手ゼネコンが相次いで新技術を導入している。従来の想定を超えた揺れをどのように制御するのか。順に見ていこう。

 東京都新宿区にそびえる超高層ビル「新宿三井ビルディング」。三井不動産が運営するビルの屋上に昨年、巨大な重りが設置された。鹿島製の「D3SKY(ディースカイ)」。振り子式の重りを使って建物の被害を軽減する、「TMD(チューンド・マス・ダンパー)」と呼ばれる制震装置の一種である。

想定外の被害が震災対策の技術革新を生んだ
●過去の主な地震と被害
1995年の阪神・淡路大震災では「直下型地震」への対応、2011年の東日本大震災では津波対策などが大きな課題として浮き彫りとなった