「新幹線」と「スズキ」が見せ場

 安倍首相が9月13日からインドを訪問することになった。安倍首相の訪印は2015年12月以来のことである。それ以前の2014年、2007年(第一次安倍政権時)にも訪印しており、首相として4度目のインド行きとなる。

 なぜ安倍首相はこれほど頻繁にインドを訪問するのか? 安倍首相は2006年12月に、インドのマンモハン・シン首相が訪日したとき、毎年交互に、両国の首相が相手国を訪問することを約束していた。毎年、首脳が交互訪問し会談を行う約束をした相手国は、日本にとってはインドが初めて、インドにとってはロシアに次いで2番目とのことである。日本とインドはお互いにそれぞれの国との関係をそれほど重要視しているということであり、2014年に就任したインドのモディ首相もすでに2度来日している。

2015年12月の訪印時には、デリーでの首脳会談の後、モディ首相は安倍首相をヴァラーナシ(ベナレス)に招待した。ヴァラーナシはヒンドゥー教の最高の聖地である。(写真:インド首相府提供)
「最後の超大国インド」/平林 博(著)/1700円+税

 今回の訪印では、安倍首相はインド西部のグジャラート州で2泊3日の日程をこなす。グジャラート州には日印経済協力の象徴的な場所があり、安倍首相の訪問が予定されている。それは「新幹線」と「スズキ」だ。また、グジャラート州はガンジーがインド独立への運動を展開した地である。ここで日本とインドはアジアの民主主義国として、「特別戦略的グローバル・パートナーシップ」を確認することになる。

 ここでは、今年6月に刊行された拙著『最後の超大国インド』(日経BP社)の内容を一部転載しながら、安倍首相の訪印の狙い、すなわち日本とインドの協力関係構築について解説する。

新幹線方式の高速鉄道を建設へ

 まず今回の訪印の最大の見せ場は新幹線であろう。

 モディ政権になってから、安倍首相との間で合意したのが、高速鉄道に関する日本の協力だ。インドは6路線の高速鉄道を計画中で、諸外国の調査に委ねている。このうちムンバイとアーメダバード(グジャラート州最大の都市)を結ぶ約500キロの路線については日本が協力することが決まった。2015年の安倍首相訪印時に、ムンバイとアーメダバードを結ぶインド初の高速鉄道建設に日本の新幹線方式の採用で合意した。総事業費約9800億ルピー(約1兆8000億円)のうち、1兆円超の円借款を供与する方針だ。