人生の達人──93歳にして学び、考え、楽しむ

 近年、「人生100年時代」などと称して、長寿をどう生きたらいいのかがしばしば話題になります。この点、93歳にして現役で、クリアな頭脳を以て投資の世界で勝負するマンガーは、多くの人のロールモデルになり得る理想の人生を歩んでいるように見受けられます。

 彼の人生流儀で特徴的なのは、特に読書による勉強を続けることと、無駄な努力をしないこと、コントロールできないものについて思い悩まないこと、の3点です。

 マンガーは、投資において複利の効果が働くように、知識もこれが増えてくると相乗的に効果を発揮すると言います。50歳の頃の自分よりも90歳を超えてからの自分のほうが進歩しているという自信を隠しません。バフェットについても65歳を過ぎてから、さらに進歩したと評価しています。これらは、すべて、継続的かつ熱心に読んで、考えることの積み重ねでもたらされたというのがマンガーの意見です。

 人によって意見が分かれるところかもしれませんが、マンガーは、健康法としてのジョギングが無駄な努力であると考えています。また、自分が愛する(砂糖たっぷりの)コークを飲むことに躊躇がありません。読書と思考の継続的な努力は、一方で無駄な努力や我慢をしない気楽な合理性に支えられているようです。

 加えて、マンガーは、自分がコントロールできないことを心配しないので、余計なストレスを抱えません。世の中では大地震も大暴落も、いつでも起こり得るけれども、できるだけの備えをしておく以上には、厄災がいつ起こるかを心配し続ける意味はないというのが、彼の考えです。合理的ですが、凡人にはなかなかできないことでもあります。

 おそらくマンガー自身が知力にも健康にも人一倍恵まれていたのだと思いますが、こうしたストレス・マネジメントを自然に実践できていることが奏功して、緊張の継続と胆力が必要な投資の世界で、高齢の今も現役プレーヤーとして活躍できているのでしょう。

自分自身が買おうと思わないものを売らない

 『マンガーの投資術』の中で筆者が最も気に入っているのが、次の言葉です。

 「良いキャリアを築くためのルールが3つある。(1)自分自身が買おうと思わないものを売らないこと、(2)尊敬しない人のために働かないこと、(3)一緒に仕事をして楽しい人々とだけ働くこと」

 (1)では、またしても金融ビジネスに関わる者が厳しい批判に遭遇します。投資信託でも生命保険でも、決して自分が買いたいと思わないような商品を売って生活の糧を得ている人が少なくないからです。この点、マンガーは自分自身が多額に投資しているバークシャー・ハザウェイの株式を売っているのだから、筋が通っています。

 (2)についても、マンガーは、ともに尊敬し合うバフェットと働いてるのだから申し分ありません。

 そして、バークシャー・ハザウェイが一緒に仕事をして楽しい人々を集めた会社であることは想像に難くありませんので、(3)もじつに説得力がある言葉です。

 いずれもすばらしいアドバイスであり、筆者は自分の子どもたちに伝えたいと思います。(了)

デビッド・クラーク(著)/林 康史(監訳)/石川由美子(翻訳)/山崎 元(解説)/日経BP社/本体1600円+税
デビッド・クラーク(著)/林 康史(監訳)/石川由美子(翻訳)/山崎 元(解説)/日経BP社/本体1600円+税

 バフェットの唯一無二のパートナーとしてバークシャー・ハザウェイを支えてきた伝説の投資家、チャーリー・マンガーの珠玉の名言集。

[主な内容]

■PART Ⅰ 投資で成功する考え方 安直な儲け/立ち去る勇気/グレアムの間違い/間違って価格づけされた賭け/大きく賭けるとき……

■PART Ⅱ 企業、銀行、経済 大恐慌/銀行規制/大きすぎて潰せない/自由市場という愚行/ ウォール街の悪行/デリバティブの危険性……

■PART Ⅲ 事業と投資に関する哲学 バイ・アンド・ホールド/極端をゆく/大きく稼ぐ方程式/二種類の会社/どこに賭けるか/流動性……

■PART Ⅳ 人生、教育、幸福の追求についての助言 一つずつ/無知をわきまえる/アイデアを壊す/年をとるということ/無用な心配/自分に嘘をつく……

山崎 元(やまざき・はじめ)氏

写真:村越将浩
写真:村越将浩

経済評論家、楽天証券経済研究所客員研究員、国家公務員共済組合連合会資産運用委員会委員、株式会社マイベンチマーク代表。1958年北海道生まれ。1981年東京大学経済学部卒業、三菱商事に入社。その後、外資系金融機関など12回の転職を経て現職。『ファンドマネジメント』(きんざい)、『全面改訂 超簡単お金の運用術』(朝日新書)、『確定拠出年金の教科書』(日本実業出版社)など著書多数。伝説的投資家チャーリー・マンガーの金言・直言を紐解いた話題の新刊『マンガーの投資術』(デビッド・クラーク著、日経BP社)では解説を執筆。

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。