なるほど。電動化の流れもエンジニアリングとしては1つの必然だと。

アレックス:そうです。実はポルシェ博士は、19世紀当時から電気が普及することを予想していたのです。周りがまだ蝋燭を使用している頃、彼の家の明かりは全て電気によるものでした。他にも、例えば電気を使った「アイスシューズ」と呼ばれる雪を解かす靴も愛用していたようです。

では、当時から電気自動車のアイデアもあった?

アレックス:ポルシェ博士は、1900年にはすでに電気自動車を作っていました。ローナーポルシェと呼ばれるもので、モーターが内燃エンジンよりも速く、トルクも大きいことは分かっていたのです。インホイールモーターで四輪駆動にするなどのアイデアもすでに実現していました。さらに今のガソリンスタンドのような電力供給インフラの構築を1900年に検討していました。それらがいまようやく実現しようとしているのです。

1900年に発表された“Semper Vivus”。インホイールモーターの駆動システムとガソリンエンジンとを組み合わせた世界初のフルハイブリッドカー。これは3年をかけて復元されたもので実際に走行が可能という

ミッションEの正式車名がタイカンと発表されましたが、ではそれもミュージアムに収まるわけですね。

アレックス:我々のところに1台来ることは決まっています。私の次のプロジェクトとして、2014年から17年までのハイブリッドレースカー19台を入手します。

ルマンで3連覇したLMP1のマシン! それでは、また見にこなくちゃいけませんね。

自動車を通して歴史を見よう

 日本にもトヨタ博物館や日産ヘリテージコレクション、ホンダコレクションホール、マツダミュージアムなどなど素晴らしいミュージアムがたくさんある。訪れてみると自動車とは単なるモビリティではなく、歴史であり文化なのだと気づくはずだ。ポルシェの70周年展示は来年1月6日まで開催。出張のついでにでも、ぜひ。

■変更履歴
記事掲載当初、サブタイトルで「ポルシェミュージアム館長に聞く」としていましたが、アレックス氏はクラシックカー部門の責任者です。お詫びして訂正します。[2018/09/20 14:30]