もう1つは彼も使命として感じていることだが、研究所は研究しているだけではダメだということ。やはりいまの事業に何らかのパフォーマンスをすぐに返さなければならない。その考えが我々にもマッチすると思い、仲間に加わっていただいた。

 リクルートに眠っている宝のような大量のデータをAIで解析して、人類を豊かにすることに活用していく。例えば、リクルートには、マンションを買った、旅館に泊まった、飲食店を予約してこういう料理を食べた──といったデータがある。

 ハレヴィ氏も言っているが、我々は生活に直結するデータを数多く持っている。あらゆるカテゴリーの情報をAIで分析することで、個人の行動をより便利に快適にする情報を、最適なタイミングでレコメンドできるようになるかもしれない。

 人類を豊かにするというミッションを実現するためには、いろいろな進化が必要になる。彼の最も得意なジャンルでもあるのだが、まずデータベースの基盤を整える必要がある。よりスピーディーな分析を可能にするためにも、データベースの構築は非常に重要だ。彼にはいま、まさにその点で高いパフォーマンスを発揮してもらっている。

データ統合ツール群を無料公開

高いパフォーマンスの一端を紹介してほしい。

 AI研究所ができて約2年、相当なデータの整備を進めてきた。AIの活用といっても、このデータベースを活用できる基盤が整っていないと、100階建ての高層ビルを建てることはできない。

 どんなに優れたアルゴリズムが生まれ、画期的な技術が活用されても、データベース基盤という土壌ができなければ、レバレッジは十分に効かないと考えている。その点について、AI研究所は既に高いパフォーマンスを出している。

 6月30日に、AI研究所から初めて世の中にリリースした。「BigGorilla」という、機械学習の利用を加速させる無料のデータ統合ツール群だ。データサイエンスの一連のプロセス(データ収集、整備、モデリング、解釈)のうち5~8割もの時間が使われるという、データ収集・整備のプロセスを効率化することを目的に開発した。社内では既に使っており、だからこそデータベース基盤を整備することができたというものだ。

【開幕迫る!】大型イベント・セミナー「D3 WEEK 2017」

 日経BP社は7月26日(水)~28日(金)、「D3 WEEK 2017 ~Beyond the Customer First デジタル×データ×デザインで真の顧客ファーストを描き出す~」という大型マーケターイベントを六本木アカデミーヒルズ(東京・六本木)で開催します。

 日経デジタルマーケティング、日経ビッグデータ、日経デザインの3誌が協力して、およそ60の先進企業の事例講演、パネルディスカッションなどを実施。デジタル×データ×デザインが可能にする全く新しいイノベーションを“体感”できる3日間です。ぜひ、その詳細を公式サイトからお確かめください。

URL=http://expo.nikkeibp.co.jp/d3/2017/