ユーザーと一緒に取材も

 働き方以外にも複数のフォーラムを立ち上げている。編集部とRaise ユーザーが一緒になって日経ビジネスの記事コンテンツを作る「オープン編集会議」では「日本のイノベーションは停滞しているのでは」という問題意識の下、背景や要因を探っている。Raise ユーザーには記者の取材に同行する機会も提供。7月23日号掲載予定の日経ビジネスの特集記事でその成果を生かす。

 企業と共同で新しい商品やサービスを実現する「オープン開発会議」では東芝デジタルソリューションズの協力を得て、同社の音声合成プラットフォーム「コエステーション」の用途開発や、カルビーと共同でポテトチップスの新商品開発に取り組む。

 これからの社会を担う学生の成長を後押しするフォーラムとして、オンライン上で就業体験できる「オンライン・インターン」も設けた。味の素、ANAホールディングス、NTTドコモ、大和証券グループ本社、三菱商事の5社が参画。第1弾として三菱商事の社員が指南役となって、「経営者の仕事」について議論を始めている。

まずは会員登録(無料)

有料会員限定記事を月3本まで閲覧できるなど、
有料会員の一部サービスを利用できます。

※こちらのページで日経ビジネス電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いも紹介しています。

※有料登録手続きをしない限り、無料で一部サービスを利用し続けられます。