「私大の両雄」としてライバル関係が何かと話題になる早稲田と慶應。受験、学生生活、就職など、実際のところはどうなのか。現役学生や卒業生への取材、各種統計データの収集・分析により、徹底比較を試みた『早稲田と慶應の研究』という新書を著したオバタカズユキ氏が、現役生、OB、OGを集めて改めてそれぞれの思いを聞き出した。

 早慶比較もさることながら、親世代と現役学生との「常識」の違いが興味深い。20~30年前と今とでは、人気の学部学科が異なり、学生像もかなり変化したという。まずは3時間におよぶ熱い語りが展開された、慶應義塾大学の座談会からお読みいただこう。

【座談会参加者】
  • 大江梨生さん  (総合政策学部2年、幼稚舎→塾高)
  • 西岡航平さん  (法学部政治学科2年、地元の公立小中→塾高)
  • 江波戸水紀さん (法学部法学科3年、幼稚舎→塾高)
  • 武田正則さん※仮名  (97年文学部卒、99年大学院卒、都内新聞社勤務)
  • 進行:オバタカズユキ(『早稲田と慶應の研究』著者)

関西圏での慶應大学の認知度は6割?!

オバタ:みなさんに拙著を読んでおいてもらいました。本のご感想から聞かせてもらえますか。

学生大江:僕は、「知っている大学ランキング」にびっくりしました。関西エリアでの慶應義塾大学の認知度が、まさか6割ちょっとは……。

オバタ:驚きですよね。リクルート進学総研が毎年行っている調査で、全国の高校3年生にその大学を知っているかどうか尋ねた結果なのですけど、慶應の場合、関東エリアでは91.9%、東海エリアで72.3%、関西エリアは63.4%。関西だと4割近くが、下手したら大学名自体を認知していない。

学生大江:すべての地域で、早稲田に認知度が抜かれている。ほぼ同率だろうと思っていたので、「えっ、そうなんだ」と驚きです。

オバタ:関東エリアでの知名度は1位が早稲田で、2位が慶應。ところが、東海エリアだと1位は名古屋、関西エリアの1位は近大。地域によってぜんぜん違う。日本は意外に広いっていうか、大学ってローカルな存在なんだっていうことがわかりますよね。合格者ベースで見ても、慶應は圧倒的に一都三県出身者が多い大学。東京と神奈川では超有名な地域限定ブランド大学ともいえなくない。

左から、大江梨生さん、西岡航平さん、江波戸水紀さん

OB武田:関西地方、東海地方だと、慶應の認知度は明治と上智と青学に負けていますねえ。

オバタ:明治は人気上昇株なので、理解できます。青学は駅伝効果でしょう。上智はなんでだろう。東海地方では南山大学と姉妹校関係なので、その流れで認知されているのかもしれません。

学生西岡:慶應の付属校が地方にないことも関係しているでしょうか。早稲田には、早稲田佐賀や早稲田摂陵がありますけど。

学生江波戸:僕は体育会に入っているんですが、AO制度などの推薦制度を利用して入学した地方出身者がけっこう多くいます。彼らから、「慶應、地元だと知らない友だちが多いんだ!」とよく聞いていたから、この調査結果で裏づけが取れたと感じました。